---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

ブラジル / 採点ミスが発覚! 2017年リオのカーニバル、優勝はポルテラとモシダージに変更!

掲載日時:2017年04月07日

情報提供:株式会社ウニベルツール

2月24日(金)〜27日(月)の4日間で開催された2017年リオのカーニバル。
優勝は33年ぶり、サンボドロモでの優勝は初となる「PORTELA」(ポルテラ)でしたが、なんと4月6日に行われたLiesa(サンバエスコーラ連盟)の会議で2位の「MOCIDADE」(モシダージ)が昇格し、2チーム優勝になりました。

理由は、採点ミス。

リオのカーニバルは、テーマ曲やアレゴリア(山車)と装飾など、10におよぶ審査項目を9.0〜10点の間で採点して合計点数で順位を決定します。この審査項目のうちの1つで、事前に配布されていたモシダージの進行表に記載されていたことが行われなかったとして0.1ポイント減点されていたものがあったのです。 

しかし、その進行表は最新のものではなく、最終版の進行表に記載されていなかった。
つまり、行われていなかったのは正しかったことが判明したのです。
優勝発表の時点では、ポルテラが269.90点、モシタージが269.80点と、その差わずか0.1ポイント。減点される理由はなかったわけですから、0.1ポイントが加算されるとポルテラとモシダージは同点だったことになります。

さらに、事態を複雑にしたのは、同点だった場合の順位の決定方法です。同点の場合、パレードの先頭集団(Comissao de Frente)の採点が高い方を上の順位とするのですが、この項目で点数が高かったのは、モシタージだったのです。
つまり、本来の優勝チームはモシタージだったのです。

6日の会議には、スペシャルリーグ13チームのうち、5チームが欠席。7チームが同点優勝に賛成。同点優勝反対はポルテーラだけだったため、2チーム同点優勝が決定しました。
カーニバルが終了して1ヶ月以上も経ってからの大番狂わせでしたが、それだけ両チームのパレード内容が素晴らしかったのかもしれません。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯でQRコードを読み取るか、URLを携帯へ送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報