---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

メキシコ / 1月6日は三賢者の日「Dia de los Reyes Magos」(レジェスマゴス)

掲載日時:2018年01月05日

情報提供:株式会社メキシコ観光

1月6日は三賢者の日「Dia de los Reyes Magos」(レジェスマゴス)がやってきます。
どういう日かというと、最初に想像するのは、、、子供がおもちゃいっぱいもらえる日。
この日で冬休みが終わり、翌日から学校が始まる日でもあります。

クリスマスの季節、ツリーの他に馬屋でイエスが生まれた様子の模型も欠かせない風物詩です。
聖母マリアとヨセフに見守られ、手を高々と挙げる幼子イエスが描かれています。
羊飼いや三賢人の人形も飾られています。
三賢者は星に導かれて Bethlehem(ベツレヘム、キリストの生地)へ、キリストの誕生を祝い、お祝いの品を届けに長い道のりを、馬や象、ラクダに乗りやってきました。贈り物は三つ(黄金、乳香、没薬)だと言われています。
この旅は12月25日から数えて12日目の1月05日に終わると信じられています。
3人の賢者から3つの贈り物。その言い伝えから子供たちは3つのプレゼントがもらえる日でもあります。

1月5日の夜、メキシコの子供はReyes Magos宛てに「何がほしいか」手紙を書きます。
そしてヘリウムガスがはいった風船につけて空へ飛ばします。
親は事前に子供が何が欲しいか調べておいて、この日までに買い求め、そして夜遅く子供が寝静まってからツリーの下にプレゼントを置いておきます。
この日の夜、メキシコでは大型スーパーなどのおもちゃ売り場は明け方まで開いています。
夜中に行ってみたことがありますが、おもちゃを求めるかなりの人でごった返しています。
メキシコ人は、この日は特にプレゼント予算を奮発するので、クレジットカード決済で分割払いにする人も多くみられます。一年の中で一番おもちゃの売り上げが高い時期でもあります。
子供たちは1月6日の朝起きて大喜び! そしてこの日でクリスマスと年末の休暇が終わり通常モードへ切り替わります。やっとクリスマス飾りの片づけが開始できる日でもあります。

メキシコではこのロスカデレジェスの日に大きな甘いパンを食べ、パンの中から人形が出てきたら、2月2日にタマレスを皆にご馳走するという習慣があります。
ひとつのロスカに5〜6個の人形が入っており、当たる確率は結構高いものです。
レジェスは王という意味でこの場合、三賢者、複数形になります。
パンは輪の形をしており、王冠を表すと言われています。パンの上には赤や緑、黄色など色とりどりのドライフルーツが飾ってあり、王冠にちりばめられた宝石を表すそうです。
パンの白い部分はメロンパンに似たような味わいで、しっとりしていて美味しいです。

タマレスとは、メキシコ料理で、タコスと並ぶほどメキシコ人に愛されている伝統料理。
とうもろこしの粉にラードを入れ、こねたその中に鶏肉とサルサなど色々とはさみ、とうもろこしの皮やバナナの葉に包んで蒸す料理です。朝食メニューとして人気でもあるのですが、どうやら一つ当たり600カロリーから1000カロリー近いものもあるようです。カロリー高い分、腹持ちがよいのですが、年明けダイエットを目指す人は食べ過ぎにご注意ください。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯でQRコードを読み取るか、URLを携帯へ送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」