---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

アメリカ、キューバ / 米国経由のキューバ訪問、渡航制限の厳格化について

掲載日時:2017年12月01日

情報提供:株式会社ラティーノ

昨年2017年8月より、米国発キューバ行きのフライトが56年ぶりに再開され、以降は観光以外の渡航目的のみという制限付きではありますが、米国からのキューバ渡航が認められております。
但し、この度の米国からキューバへの渡航制限の厳格化により、米国経由でキューバを訪問する渡航者には、宿泊が禁止されているホテルもあります。

■ 米国経由でキューバを訪問する渡航者が、宿泊禁止となっているホテル
* ハバナ --- 27軒
* サンチアゴ・デ・クーバ --- 1軒
* バラデロ --- 13軒
* ピナール・デル・リオ --- 2軒
* バラコア --- 7軒
* カイオス ヴィラクララ --- 15軒
* オルギン --- 11軒
* ハルディネス・デル・レイ --- 5軒
* トペス・デ・コランテス --- 3軒
計84軒 (2017年11月08日現在)

※ホテル名等の詳細は、下記にてご確認いただけます。
 URL https://www.state.gov/e/eb/tfs/spi/cuba/cubarestrictedlist/275331.htm

ハバナだけでも27軒のホテルがリストに含まれており、中には人気ホテルの
・Gran Hotel Manzana Kempinski
・Hotel Palacio O’Farrill
・Hotel Telegrafo
・Hotel Park View
なども含まれています。

なお今回の渡航制限は国籍を問わず、米国経由でキューバへ向かう渡航者全員に適用されますので、米国経由でキューバ入りをご予定の方は、ご注意ください。

一方で米国以外、例えばメキシコ経由やカナダ経由、中南米各国やフランスなどのヨーロッパ経由であれば制限は適用されません。
従って、通常、米国以外の経由でキューバを訪問するケースが多い日本人旅行者に関しては影響はほとんどなく、ご希望のホテルに通常通りご滞在いただけます。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯でQRコードを読み取るか、URLを携帯へ送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報