---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

ペルー マチュピチュ / 「マチュピチュ遺跡」の入場制限の新規定、2019年1月より適用開始

掲載日時:2018年06月13日

情報提供:株式会社ラティーノ

「マチュピチュ遺跡」では、2017年7月より入場制限の新規定が適用されておりますが、来年2019年1月01日より新たな入場制限に関する規定が適用されることとなりました。

今回の規定変更は、ペルー文化庁の新たな方針によるものとなります。
2019年1月からは、現在の午前・午後の二部制がさらに細かくなり、入場時間帯により退出時間が決定されます。また遺跡退出後の再入場は不可となります。
なお遺跡への最大滞在時間(入場してから4時間)に変更はありません。

■「マチュピチュ遺跡」入場制限の新規定 (2019年1月01日〜)
* 入場: 06:00〜07:00 → 退出: 10:00〜11:00 (最大滞在時 4時間)
* 入場: 07:00〜08:00 → 退出: 11:00〜12:00 (最大滞在時 4時間)
* 入場: 08:00〜09:00 → 退出: 12:00〜13:00 (最大滞在時 4時間)
* 入場: 09:00〜10:00 → 退出: 13:00〜14:00 (最大滞在時 4時間)
* 入場: 10:00〜11:00 → 退出: 14:00〜15:00 (最大滞在時 4時間)
* 入場: 11:00〜12:00 → 退出: 15:00〜16:00 (最大滞在時 4時間)
* 入場: 12:00〜13:00 → 退出: 16:00〜17:00 (最大滞在時 4時間)
* 入場: 13:00〜14:00 → 退出: 17:00〜17:30 (最大滞在時 4時間、但し閉園時間まで)
* 入場: 14:00〜15:00 → 退出: 17:30 (閉園時間の17:30まで)
* 入場: 15:00〜16:00 → 退出: 17:30 (閉園時間の17:30まで)

◎「マチュピチュ遺跡+ワイナピチュ入山」、「マチュピチュ遺跡+マチュピチュ入山」のチケットで入場する場合の規定については未発表となっており、現時点では上記の新規定は適用されず、現状の規定通りとなります。(今後変更の可能性あり。)

◎ ワイナピチュ山の入山チケットをお持ちの場合、午前入場券での入山となります。
 そのまま継続して午後も遺跡に滞在する場合は、午後の部のチケットが追加で必要となります。

◎ マチュピチュ山の入山チケットをお持ちの場合、午前または午後入場券での入山となります。
 午前券で入山し、そのまま終日遺跡に滞在する場合には、午前券・午後券のチケット2枚が必要となります。

---
★ その他、マチュピチュ遺跡入場に際してのガイド同行義務等の規則に変更はありません。
 (詳細は下記参照)

◎ 入場時には、ガイドの同行が義務付けられます。

◎ ガイド1名につき、最大で入場者16名まで同行可。
 17名以上の場合は、ガイド2名の同行が必要となります。
 16名毎にガイド1名です。

◎ ワイナピチュ山の入山チケットをお持ちの場合でも、遺跡へはガイド同行が義務付けられます。

◎ マチュピチュ山の入山チケットをお持ちの場合でも、遺跡へはガイド同行の義務付けられます。

最新の情報が入り次第、改めてご案内いたしますが、来年1月以降に訪問予定の方は、ご注意ください。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯でQRコードを読み取るか、URLを携帯へ送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報