---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

ウズベキスタン / ウズベキスタンの中の「ちいさな日本」〜フェルガナ地方 第1回『NORIKO学級』

掲載日時:2011年11月04日

情報提供:ウズベキスタン政府観光局

タシケントから飛行機で約1時間、または車で約5時間30分、ウズベキスタン東部フェルガナ近郊のリシタンでは、日本人が創ったボランティア日本語学級「NORIKO学級」で、多くのこども達が日本語を勉強しています。
日本でNORIKO学級を支援しているリシタン・ジャパンセンター(RJC) 事務局長 寺尾 千之(てらお ちゆき)氏より『ウズベキスタンの中の「ちいさな日本」〜フェルガナ地方』をテーマに、全6回にわたってご紹介いただきたいと思います。



第1回 〜 NORIKO学級 〜
日本から6,000km以上も離れたウズベキスタンの中に「小さな日本」があるのをご存知だろうか?
通りでウズベク人と日本人が出会うと、日本語で「こんにちは」と笑顔を交わす町。 首都タシケントから東南に約350km、人口3万人ほどのリシタン市だ。

この地に仙台出身の大崎重勝さん・紀子さんご夫妻が無料の日本語学校を設立して12年が経つ。「照れくさいので」と、名前はローマ字にして「NORIKO学級」と命名した。ガニシェル校長が学校正門に掲げた看板には、校名がローマ字で表記されている。
設立当初から地元に溶け込み約2年間過ごした大崎さんご夫妻を、当時は街中の人が知っていた。大崎さんの「資格は要りません。子ども達と日本語で遊んでやってください。」との思いは、ご遺志として今はボランティアに受け継がれ、赴任数は250名を超え、日ウズ草の根交流のシンボルとなっている。

この9月、3年ぶりにNORIKO学級を訪れた。2002年3月の初訪問以来8回目だ。移動と水分補給が随分と楽になった。ウズベキスタン国営航空の直行便で成田から約9時間、タシケント空港から暗闇の中、旅行社手配のウズベク車「ネクシア」に乗りこみ一路リシタンへ、5時間半のドライブだ。タシケント郊外のフードショップで、現地ガイドが調達してきた500mlペットボトルの水で喉を潤しながら、山肌が露出した山間を縫うように走る。標高2,000mのケムチック峠の有料トイレ付休憩所に立ち寄った後は下りだ。しばらく走ると景色が一変した。地平線のかなたまで続く綿花畑。緑豊かなフェルガナ盆地に到着だ。
片側3車線かと思われる広い道路を更に1時間半走ると、いよいよ目的地、NORIKO学級だ。

〔文: リシタン・ジャパンセンター(http://rjc.bz/) 事務局長 寺尾 千之〕

NORIKO学級看板NORIKO学級看板

NORIKO学級(手前民族衣装の後姿が寺尾氏)NORIKO学級(手前民族衣装の後姿が寺尾氏)

ケムチック峠途中で一休み、ネクシア」とドライバーケムチック峠途中で一休み、ネクシア」とドライバー

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯電話(フィーチャーフォン)でQRコードを読み取るか、URLを送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」