---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

イタリア / 医師往診日本語サービス「メディコールイタリア」スタート

掲載日時:2012年11月22日

情報提供:株式会社ジョコンダ

イタリアの医療事情は日本と異なり、旅行者にとっては決して良い環境にあるとは言えません。
旅行者が現地で医者にかかりたいと思う=急を要するケースであるものの、イタリアで病院に行くためには必ず事前予約が必要となる上、病院に行ったとしてもすぐに診療が受けられるとは限りません。
緊急時には、公立病院に救急車にて搬送されるのが一般的ですが、重症度と緊急性による優先順位があるため、頭痛や腹痛など軽度な症状の場合には、長い時間待たされることも珍しくありません。

このような日本人旅行者の不安を解消するサービス「メディコールイタリア」が、この度、イタリア全土でスタートいたしました。
このサービスをご利用いただくと、365日24時間、いつでも安心して日本語でホテルに医師を呼ぶことが可能です。
旅行中に体調の変化を感じた際、また事故に遭遇した際に大変便利なサービスです。
安心してイタリア旅行をお楽しみいただくための備えとして、覚えておかれると便利です。

※メディコールイタリア (MEDI-CALL ITALIA)
 TEL: 800−510−155(フリーダイヤル、日本語専用)、328−2320721(携帯から)
 受付時間: 24時間、無休
 日本語: 可(日本人オペレーターが対応)

〔サービス内容〕
 日本語専用ダイヤルに連絡後、症状・状況に応じた医師を旅行者のもとに派遣。
 通訳が必要な場合は、医師の携帯電話を通じて通訳が行われる。
 イタリア国内であれば、場所問わず医師の派遣が可能。
〔料金〕
 医師往診料: 250ユーロ(08:00〜20:00)、300ユーロ(20:00〜08:00)
 医師派遣・医療通訳料:
  200ユーロ(ローマ、ミラノ、フィレンツェ、ベニスでの往診)
  22,000円(上記4都市以外の往診)
〔支払〕
 医師往診料は、診療を受けた医師に現金で直接支払う。
 派遣・通訳料は、現地にて現金またはクレジットカードにて支払う。(往診を受けた都市により異なる)
〔必要書類〕
 パスポートなどの身分証明書
〔その他〕
 ホテルでの往診可。料金を支払うと領収書が発行される。
 海外旅行保険加入者は、医師往診料、派遣・医療通訳料含め、帰国後に精算可。(保険会社に要請求)

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯でQRコードを読み取るか、URLを携帯へ送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」