---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

キューバ / おすすめの旅行地ご紹介 〜 ハバナ旧市街

掲載日時:2016年05月06日

情報提供:株式会社メキシコ観光

先日某サイトにて2016年最も注目されている国No.1に認定されていた「キューバ」。
首都 ハバナはアメリカとの国交断絶の影響で1960年代で時が止まった都市と比喩されるほどの街並みを持っております。またチェ・ゲバラやヘミングウェイなどの著名人が絡んでくる奥深い歴史、ブエナビスタソシアルクラブなど日本でもブームになったキューバ音楽など、魅力的な文化を持っております。
今まではお国柄の影響もあり、そこまで注目を集めておりませんでしたが、アメリカとの国交正常化ということもあり、スポットを浴びています。
そんな中、今回はハバナにある「旧市街」についてご紹介いたします。

旧市街は空港から車で約30〜45分ほどの場所にあります。
旧市街に着いたら、まずは中心地「セントラル公園」に向かいましょう。
周りには旧国会議事堂など、キューバでも重要な建物がいくつもあります。また公園周辺にはクラシックカータクシーが常駐しており、昔の車が好きな人にはたまらない場所といえるでしょう。

そして、そこから旧市街の中でも名所「オビスポ通り」へ行きましょう。
目印はダイキリで有名な「BARフロリディーダ」です。ダイキリはラムをベースにしたショートカクテルで、砂糖やフルーツなど様々な味があります。お酒に自信がある人は、お酒の強いヘミングウェイが生前愛飲した砂糖を抜いたダイキリ「パパ・ヘミングウェイ」を是非お楽しみください。

オビスポ通りはキューバ人の自営業が認められているため、通り沿いには様々な芸術品を取り扱っている店があります。キューバの芸術は、カトリックとアフリカの芸術がミックスされたものなので、中米諸国の中でも独特の魅力を見せています。中でも職人市場は色んな種類の芸術品が販売されておりますので、是非、観賞してみてください。

そうこう散策しているうちに小腹が空いてきたなと思ったら、オビスポ通り沿いにあるレストラン「EUROPA」に寄りましょう。生のキューバ音楽とサルサの踊りを観ながらロブスターや肉料理などの食事をご堪能いただけます。 サルサなどの踊りの経験がある人は飛び入りで参加することもできますので、本場の人と踊ってみてはいかがでしょうか?

食後に一杯コーヒーを飲みたいと思った時は、オビスポ通りの隣のレイリー(O Reilly)通りにある「Cafe O Reilly」に寄ってみましょう。こちらはサンティアゴ・デ・クーバ産の豆を使用したコーヒーで、店内はコーヒーの香りが充満しており雰囲気がとても良いです。コーヒー豆も販売しておりますので、気に入った豆がありましたらお土産に購入されてるのもよいかと思います。

一息ついたところで散策を再開。次はキューバ人の日常を体感できる「アルマス広場」に行ってみましょう。お昼頃には、地元の人が集まって賑わっています。またこの広場では「青空古書市」が開催されており、キューバ革命の本などがたくさん売られています。また本以外にもピンバッジや古い切手、コイン、ポスターなども売られており、お土産にお勧めのスポットにもなっています。

散策に時間がかかり夕方になってしまったら、そのまま海沿いを歩き「マレコン通り」まで行ってみましょう。天気の良い日は夕焼けと新市街のハバナの景色を一望できるビュースポットになっています。一日の締めにふさわしい素晴らしい景色がご覧いただけます。是非とも天気の良い日に足を運んでみてください。

今回は、オビスポ通りを中心に旧市街の魅力を紹介いたしましたが、まだまだ魅力はたくさんあります。キューバでしか見られない魅力が数多くありますので、自分の足で実際に歩き、お気に入りスポットを見つけ、良い思い出作りをしていただければと思います。

さぁこれを読んでキュ−バに行きたくなってきた皆様へのご案内です。
キューバの首都ハバナまでは、アエロメヒコやインテルジェットの直行便が就航しています。
航空券の予約や、入国に必要なツーリストカードなどの手配はすぐできますが、ホテルの予約には最低でも2〜3日、ハイシ−ズンの旅行の場合は1週間以上もかかる場合があります。
インターネットのホテル予約サイトであっても、キューバのホテルに関してはオプション記載がなく、どうしてもホテルの予約には時間が必要となります。
キューバへのご旅行は、お時間に余裕をもって計画されることをおすすめいたします。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯でQRコードを読み取るか、URLを携帯へ送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」