---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

エジプト / 「アレキサンドリア」視察レポート

掲載日時:2016年06月03日

情報提供:エジプト日本旅行業連盟 (JTUE)

2016年5月25日(水)、エジプトにおいて日本人マーケットに携わる旅行関連業者からなる「エジプト日本旅行業連盟」(JTUE: Japanese Travel Union of Egypt)のメンバーで、アレキサンドリアを視察いたしました。

この日の最高気温は34度と日なたでは若干汗ばむものの、アレキサンドリアでは心地よい風が吹いておりました。その様子をご報告いたします。
皆様に現地の状況を理解していただくための助けになれば幸いです。



■ カイロ(ギザ) 〜 アレキサンドリア
◎ 07:20am --- ギザ料金所
アレキサンドリア道 入口の「ギザ料金所」に着いた頃には、車が列をなしておりましたが、ここへ到着するまで、カイロ市内からは早朝ゆえに道は空いておりました。
カイロ市内からギザの料金所までは、およそ20分で到着。

アレキサンドリアまでの道は、一部橋の建設が行われているところもありますが、全体的にとてもきれいに舗装されておりました。
道路は片道4車線。それぞれの車線により制限速度が異なります。
一番左の車線が制限速度が最も早く、右に移るにつれ遅くなります。
(左車線から120km、100km、80km、右端の車線は70kmとなります。)

◎ 08:20〜09:00am --- レストハウス
ギザ料金所からおよそ1時間走ったところに大きな「レストハウス」があります。
ドリンクと軽食が可能です。横には小さなスーパーマーケットもあります。
移動の途中、トイレ休憩箇所として寄るには、適した場所です。
なお、レストハウスでは、インドからの団体を見かけました。

◎ 10:00am --- アレキサンドリア料金所
アレキサンドリア料金所もギザ料金所と同様、きれいに整備されておりました。
料金所出口では、乗用車、バン及び観光用車両とトラック(軽・大型とも)の出口(列)が異なります。
大型トラックは、荷台もチェックされるため、長い列が出来ておりました。

◎ 10:30am --- アレキサンドリアの街
アレキサンドリアの街に着いた頃には、道が少し混んでおりました。
アレキサンドリアでは、タクシーの色がカイロと異なり、黄色と黒色に統一されています。

◎ 10:50am --- アレキサンドリア国立博物館
「アレキサンドリア国立博物館」では、金属探知機を通り館内敷地へ入ります。
視察を行ったこの日は、探知機が故障しており、係員によるかばん等の手荷物チェックが行われておりました。手荷物の隅から隅まで念入りにチェックが行われておりました。

なお、館内では、カメラチケットを購入すれば撮影が可能です。但し、フラッシュ撮影は禁止です。
料金はLE50。カメラチケットを購入したかどうかを判別できるよう、チケット購入者にはピンクのシールが配られます。なおこのシールを貼らずにカメラ撮影を行うと罰金が課されるので注意が必要です。

国立博物館では、アレキサンドリア周辺の海中から発見されたものが、展示されております。
館内は「グレコローマン時代」、「イスラム時代」、「コプト時代」、「ファラオ時代」に分かれています。
館内では、エジプト人の家族連れや地域の遠足で訪れている子供たちを見かけました。

◎ 11:55am --- アレキサンドリア駅周辺
「アレキサンドリア駅」もカイロの「ラムセス駅」同様、大きな建物の中にあります。
駅建物の周りには柵があり、決められた入口から入ります。
駅および周辺は、それほど混雑も無く穏やかでした。

◎ 12:10am --- ローマ円形劇場
入口で荷物検査があります。敷地内の奥では、修復作業が行われておりましたが、円形劇場は、通常通り観光可能です。

◎ 12:25pm --- コムエルシュアーファのカタコンベ(地下墳墓)
入口には観光警察が駐在しており、金属探知機もあります。
なおここでは、カメラ撮影は禁止されております。
駐車場では、小型の観光バスを1台見かけました。

「カタコンベ」から「ポンペイの柱」への移動の際、路面電車も同じ道を使用するため、路面電車が走っているときは、車が混雑します。
また、両脇には出店があることから、短い距離ながら時間を要しました。

◎ 12:35pm --- ポンペイの柱
入口には高い門があり、小さな入口より入場します。
ここにも観光警官が数名駐在しており、また金属探知機もあります。

◎ 13:10pm --- カイトベイ城塞
入口では、金属探知機を通って中に入ります。
カイトベイでは、エジプト人の団体、家族連れなど、多くの人を見かけました。
カイトベイの駐車場では、小型・大型バスが数台停まっておりました。
また、カイトベイの海沿いでは、家族でピクニックや釣りをする光景が見受けられました。

午後も過ぎるとアレキサンドリアの海沿い道の片側は、とても混んでおりました。
アレキサンドリアを16:30出発、カイロ到着は19:30でした。

◎ まとめ
観光地では、外国人観光客を見かけることはほとんどありませんでしたが、各観光地及び街中はとても穏やかで、危険を感じることは一切ありませんでした。
また、カイロ〜アレキサンドリア間は、道がきれいに舗装されていることもあり、スムーズに移動することができました。

カイロ〜アレキサンドリア道のギザ料金所カイロ〜アレキサンドリア道のギザ料金所

きれいに舗装された道路きれいに舗装された道路

車線により異なる制限速度の標識車線により異なる制限速度の標識

レストハウスレストハウス

アレキサンドリア料金所アレキサンドリア料金所

乗用車と大型トラックは列が異なる乗用車と大型トラックは列が異なる

アレキサンドリアの街中アレキサンドリアの街中

アレキサンドリア国立博物館アレキサンドリア国立博物館

カメラチケット用のピンクのシールカメラチケット用のピンクのシール

グレコローマン時代のワインなどを入れる壷グレコローマン時代のワインなどを入れる壷

セラピス神の石像セラピス神の石像

左: アレキサンドリア駅周辺 / 右: アレキサンドリア駅前の広場左: アレキサンドリア駅周辺 / 右: アレキサンドリア駅前の広場

ローマ円形劇場ローマ円形劇場

コムエルシュアーファのカタコンベ (地下墳墓)コムエルシュアーファのカタコンベ (地下墳墓)

左: 路面電車 / 右: 車道の脇の出店左: 路面電車 / 右: 車道の脇の出店

ポンペイの柱ポンペイの柱

カイトベイ城塞カイトベイ城塞

カイトベイ駐車場カイトベイ駐車場

カイトベイの海沿いカイトベイの海沿い

左: 午後4時 - 渋滞の車 / 右: 小船が停泊左: 午後4時 - 渋滞の車 / 右: 小船が停泊

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯でQRコードを読み取るか、URLを携帯へ送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」