---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

メキシコ / アエロマル航空「メキシコシティ〜ウアステカ・ポトシナ線」就航中

掲載日時:2019年09月09日

情報提供:株式会社メキシコ観光

メキシコのLCC(格安航空会社)「アエロマル航空」(Aeromar: VW)は、2019年8月15日より、メキシコシティとウアステカ・ポトシナ間(空港はタトゥイン: TSL)に週2便で直行便を就航いたしました。

■ フライト・スケジュール
 便名: VW372便 メキシコシティ発 14:15 → タトゥイン着 15:25
 便名: VW373便 タトゥイン発 16:10 → メキシコシティ着 17:30
 ** 往復とも、毎週木曜・日曜の週2便。
 ** 使用機材: ATR72型機(プロペラ機のターボプロップ)

ウアステカ・ポトシナとは、サンルイスポトシ州の中の20の村や地域の相称で、中心となる町はシウダー・バジェス(Ciudad Valles)というところです。タトゥイン空港はそのシウダー・バジェスまで30〜40分ほどの距離にある、その名の通りの町の郊外にある小さな空港です。

※ウアステカとはその地の先住民族を指し、ポトシナとは「(サンルイス)ポトシの」という意味です。「ウアステカ」と呼ばれる地域は他にベラクルス州やタマウリパス州、ケレタロ州、プエブラ州の一部にも広がっています。

メキシコ湾地方からシエラマドレ山脈に掛けて緩やかな勾配があるため、気候が温暖で多様な動植物の宝庫です。日本のテレビ番組でも取り上げられたことのある秘境感たっぷりの大瀑布「タムールの滝」を中心に、大変美しい湖や川、鍾乳洞が数多く点在しており、周辺のプエブロ・マヒコの村々とあわせて数日かけて訪れるのがお勧めです。

メキシコシティからは車で7時間強、サンルイスポトシの州都からでも3時間半ほどかかるため、アクセス面で少々不便な場所でしたが、タトゥイン地方空港の拡張により、定期便の乗り入れが可能となりました。また地元自治体も観光客誘致に力を入れているため、周辺の道路も改修が進んでいるほか、周辺の村でも宿泊施設やレストランが増えてきています。この機に是非訪れてみてはいかがでしょう。
なおスケジュールは予告なく変更になる場合がありますので、ご注意ください。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯でQRコードを読み取るか、URLを携帯へ送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」