---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

メキシコ / 2月20日より「電子タバコ」の持ち込み禁止に

掲載日時:2020年02月21日

情報提供:株式会社ラティーノ

現地時間2020年2月19日、メキシコ政府「連邦衛生リスク対策委員会」(COFEPRIS)より、
* 電子タバコ、及びその部品
* ニコチンを含有するリキッドを加熱し蒸気やエアゾールを発生させる電子タバコ
* 上記同様の方式を採用するニコチンを含まないもの(VAPE)
* たばこの葉のカートリッジなどを加熱するもの
全てが、輸入・持ち込み禁止となる旨の発表がありました。
本措置は、現地現地時間2020年2月20日より適用されます。

従って、今後、メキシコへの上記のような電子タバコの持ち込みは一切禁止となります。
なお、電子タバコを持ち込んでしまった場合、没収に加え、状況によっては罰金が科される場合もあります。
電子タバコの愛煙家の方は、ご注意ください。

※参考情報: メキシコへのタバコ・アルコール類の持ち込みについて
現在、メキシコへ持ち込める
・紙巻タバコの本数は200本まで
・葉巻の場合は25本まで
・タバコの葉の場合は200グラムまで
・お酒類は3リットルまで
となっております。(18歳以上の渡航者のみ)

最近お客様の中で上記よりも多く(特にタバコ)の量を持ち込もうとする方がおりますが、このような場合、申告をしても輸入税対象となります。申告をしない場合は、追加で罰金対象にもなります。

* 課税について:
 タバコや葉巻を範囲外で持ち込む場合、それぞれ オリジナル価格の
 ・タバコ --- 573.48%
 ・葉巻 --- 373.56%
 ・アルコール類 --- 90%
 の総合税率が課税されます。

最近では、通関時に範囲外のタバコを持ち込もうとする旅行者に税関係員が上記を説明の上、賄賂を求め、400〜500ドルを支払ってしまった事例も発生しています。

今後メキシコへのご旅行をご予定の方で持ち込みをお考えの方は、くれぐれも上記範囲外のタバコ、葉巻、お酒を持ち込まれないよう、ご注意ください。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯でQRコードを読み取るか、URLを携帯へ送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」