---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ / 「新型コロナウイルス」の影響について (現在の状況)

掲載日時:2020年04月09日

情報提供:合同会社 プレヌスツアージャパン

「新型コロナウイルス」の影響について、現在のボスニア・ヘルツェゴヴィナの状況をお知らせいたします。

■ 現状
* 残念ながら新規感染者が増えています。
* スーパーマーケットや薬局、病院、ガソリンスタンドなど除く各種公共・商業施設の一時閉鎖が継続されております。
* 3月15日に始まった日本人の新規入国禁止措置は、撤回されておりません。
* ボスニア・ヘルツェゴヴィナ外務省は、同国国内に滞在している外国人については
 ・滞在または通過の許可期限が既に切れている人、もしくはまもなく切れる予定の人、
 ・感染拡大を受け実施されている同国当局による制限措置により、未だボスニア・ヘルツェゴヴィナを
  出国していない人
 については、引き続き滞在継続を認めております。
 詳細については最寄りの外国人庁事務所に連絡の上、所要の手続きをとってください。
 (時間: 10:00〜12:00、電話もしくはメールにて事前許可取得要。マスク着用必須)

* 外出制限
・ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦
 18歳未満及び65歳以上の外出禁止。
 その他の年齢の全市民は、18:00〜翌朝05:00までの夜間外出禁止。
・スルプスカ共和国
 65歳以上の外出禁止。
 その他の年齢の全市民は、20:00〜翌朝05:00までの夜間外出禁止。
* 航空便、は運行停止中
* 陸路
 セルビア及びモンテネグロは、既にボスニア・ヘルツェゴビナとの国境を閉鎖。
 クロアチアについても、自国民の帰国とEU市民の自国への出国、また24時間以内にザグレブ空港から出国する外国人以外は、越境を認めておりません。

以上、ご注意ください。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯でQRコードを読み取るか、URLを携帯へ送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」