---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

メキシコ / 「新型コロナウイルス」に関する最新情報

掲載日時:2020年10月15日

情報提供:メープルファンエンタープライズ 株式会社

メキシコにおける「新型コロナウイルス」の最新情報をお知らせいたします。

2020年10月09日、メキシコ連邦政府は全国の信号情報(新感染症危険情報)を更新しました。
適用は10月12日からとなり、17州が「橙色」、14州が「黄色」、1州が「緑色」という状況に変わります。

◎ 橙色 (17州)
病床65%以下が埋まっており、2週間感染者数が減少傾向。
公共機関、学校など一部解除。健康上のリスクを持つ人も外出可。
〔対象州〕
 メキシコ市、メキシコ州、アグアスカリエンテス州、コアウイラ州、コリマ州、
 チワワ州、ドゥランゴ州、ゲレロ州、イダルゴ州、ハリスコ州、ナジャリット州、
 ヌエボレオン州、オアハカ州、ケレタロ州、シナロア州、ユカタン州、サカテカス州

◎ 黄色 (14州)
2週間の入院者数、感染者数が減少。
公共機関、学校など一部例外を除き、商業施設は収容人数の50〜75%で営業可。
〔対象州〕
 バハカリフォルニア州、南バハカリフォルニア州、チアパス州、グアナフアト州、
 ミチョアカン州、モレロス州、プエブラ州、キンタナロー州、サンルイス・ポトシ州、
 ソノラ州、タマウリパス州、タバスコ州、トラスカラ州、ベラクルス州

◎ 緑色 (1州)
基礎的な衛生防疫措置を講じれば、特段の制約なし
〔対象州〕
 カンペチェ州

※この指針は連邦政府による例示であり、最終的な措置は各州政府により
 各地域の状況に応じて決定されます。

---
■ メキシコ保健省が発表した新型コロナウイルス感染症発生状況 (10月10日正午現在)
累計感染者数で世界9番目、累積死者数で世界4番目となっています。
* メキシコ全国
 累計症例数: 810,020名 / 累計死亡者数: 83,497名
* メキシコ市のみ
 累計症例数: 138,329名 / 累計死亡者数: 10,730名

---
■ その他
* 米国国境における不要不急の移動制限が、10月21日まで再延長されました。
* 日本政府の水際対策において、メキシコは継続して対象国となっています。
 メキシコ在住日本人は帰国後PCR検査+2週間の自主隔離(公共交通機関利用不可)が必要。
 メキシコ国籍は通常日本へはビザ不要ですが、現在は入国不可となっています。

* 10月10日現在で一般公開されている遺跡、博物館は以下の通りです。
 人数制限など条件がある場合や、「新しい日常」と感染予防措置は大前提となります。
・アグアスカリエンテス州:
 アグカスカリエンテス地方歴史博物館
・カンペチェ州:
 バランクー、ジィビルノカック、エズナ、オクチョブ、オルミゲーロ、シュプヒルの6遺跡、
 サン・ホセ要塞の海底博物館
・メキシコ市:
 クイクイルコ、ミスコアックの2遺跡、カランサの邸宅博物館、エル・カルメン博物館
・メキシコ州:
 テオティワカン遺跡(1日 3,000人までの入場制限。ピラミッドの登頂不可など条件付)
・グアナファト州:
 プラスエラ、カニャーダ・デ・ビルヘン、ペラルタ、エル・コポロ、アロージョ・セコの5遺跡、
 グアナファト地方博物館
・モレロス州:
 チャルカツィンゴ遺跡
・プエブラ州:
 プエブラ地方博物館
・キンタナロー州:
 コバ、ムジル、サン・ヘルバシオ、トゥルムの4遺跡
・ソノラ州:
 セロ・デ・トゥリンチェラス遺跡、ソノラ地方博物館
・ユカタン州:
 チチェン・イッツァ(ハリケーン被害から再開)、
 ディビルチャルトゥン、イサマル、マヤパン、ウシュマル、シカンボの5遺跡
  
* 9月30日の時点でカンクンのホテル占有率が33.5%となり、キンタナ・ロー州として
 4万人を越える観光客を確認。
* カンクン空港へ乗り入れている85便(うち国際線28便=ほとんどが米国都市)でしたが、
 10月に入ると1日ルフトハンザ、2日エールフランスが運航を再開。
 カンクンと並んでプエルト・バジャルタも30%越えで観光需要が復調してきています
* 先週末からベラクルス州、プエブラ州を視察しましたが、マスク着用率は7〜8割。
 商業活動は平常に近い感覚でした

以上、ご注意ください。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯でQRコードを読み取るか、URLを携帯へ送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」