---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

オーストラリア シドニー / 「新型コロナウイルス」に関する最新情報

掲載日時:2021年03月01日

情報提供:株式会社トランスオービット

シドニーにおける新型コロナウイルス(COVID-19)に起因する、旅行者が知っておくべき行動制限、観光施設、飲食店、商店のオープンなどの最新情報をお知らせいたします。

■ シドニー大都市圏で屋内でのマスク着用を義務化
シドニー大都市圏(含むウーロンゴン、セントラルコースト、ネピアン・ブルーマウンテンズ)では、2021年1月03日以降、屋内施設でのマスク着用が義務化されましたが、1月29日以降一部緩和され、公共交通機関、宗教施設、ホスピタリティ施設のスタッフを除き、マスクの着用は任意となりました。

〔マスク着用対象箇所等〕
* 公共交通機関 (含む駅周辺、プラットフォーム、フェリーふ頭、バス停、ライトレール停留所、
 タクシー乗り場、空港ターミナル)
* 宗教施設・礼拝所
* 飲食店、美容院等、ホスピタリティ施設のスタッフ

違反に対しては、一人あたりAU200ドルの罰金が科せられます。12歳以下の子供はマスク着用の義務化からは除外されますが、可能な場合はマスクの着用が推奨されます。

■ ニュー・サウス・ウェールズ州の新型コロナ感染状況
3月01日現在
* 総感染者数 ---5,177名
* 市中新規感染者数(24時間) --- 0名
* 帰国者新規感染者数(24時間) --- 5名
* 現感染者数 --- 38名
* 死者数 --- 54名

■ 観光・旅行関連の行動制限
シドニーの観光・旅行に関する、新型コロナウィルスよる影響は以下の通りです。

◎ 旅行の制限
* 全ての州からの入州を許可。オンライン登録不要。
* ニュージーランドからの旅行者を検疫無しで入州許可。
 (ホットスポット滞在者、レッドゾーン便利用者を除く)

◎ 観光施設
* 最大入場者数の上限を設定した上で、博物館、美術館、動物園、水族館、
 その他観光施設は営業を再開。 (一部時間短縮、休業日を増やす等で調整あり)
* ほぼ全てのツアーは催行休止。 (再開日未定)
* 屋内施設の場合はマスクの着用義務

◎ ホテル
* ほぼ全てのホテルが営業している。
* ホテル内レストラン、バーに関しては「レストラン」の項目を参照。

◎ レストラン
* 屋内2平米あたり1名
* スタッフのマスク着用義務
* 電子エントリー記録(QRコード等)を使用し、利用者の名前、連絡先、利用日時の記録

◎ ヘイト事案
シドニー市内および近郊における、新型コロナウィルスに関するヘイト事案に関する情報は、以下の通りです。

* ニューサウスウェールズ州内ではなし

■ 交通機関
シドニーの交通に関する、新型コロナウィルスよる影響は以下の通りです。

◎ 空港
* 国際線ターミナルは、1日5〜10便しか発着がないことから閑散としている。
 ほぼ100%の人がマスクを着用している。
* 国内線ターミナルは、州間移動規制が継続されているため、便数が平常時より大幅に少なく、
 国際線ターミナルほどではないが閑散としている。
* シドニー空港の国際線到着は、検疫・隔離体制を厳格に実施するため、1日あたり450人、
 到着1便あたり50人に制限されている。
* ターミナル内でのマスク着用義務
* ニューサウスウェールズ州発着の全ての国内線機内においてマスクの着用義務

◎ 市内交通
* 車内の最大人数制限を引き続き実施。運行本数はほぼ平常時に戻る。
* 1月以降、乗客は以前と比較して大幅に増えている。
* 公共機関内、プラットフォーム、駅周辺、バス停、タクシー乗り場では、マスクの着用義務

■ 生活関連
シドニー市内の生活関連に対する新型コロナウイルスの影響、市内の様子は以下の通りです。

◎ 市中の様子
* シドニー中心街に出社する人が増え、感覚的にはコロナ前と比べて70〜80%くらいは
 シドニー市内に戻ってきているように感じられる。
* バス、電車等の公共交通機関の車内では、マスクの着用が義務化されたため、100%の着用率。
* スーパーマーケット、小売店店内等の屋内では、1%程度に低下。
* シドニー市内中心部の屋外でのマスク着用者は、列車駅、バス停留所等付近を除き
 ほぼ見られなくなった。

◎ 商店
* シドニー市内中心部では、一部を除きほぼ全ての商店が再開。
* 一部の店舗で現金払い不可、カードのみとなる。
* 2平米あたり1名の入店人数制限。
* 店内でのマスクの着用義務は任意に

◎ 通信
 平常通り

◎ 物流
 郵便・宅配の遅延が発生しておりましたが、現在はほぼ解消されている。

■ その他
シドニーにおける新型コロナウィルスの規制、罰則、その他の情報は以下の通りです。

◎ デモ情報
 過去に何度か行われましたが、特に大きな混乱は発生しておりません。

◎ その他
* 共通ルール: 屋内施設では2平米に1名まで (ジムでは4平米に1名まで)
* 結婚式は最大300名まで
* 葬儀は最大300名まで
* 別の世帯への訪問は50名まで
* 公園、保護区、ビーチ、公共の庭園は最大50名まで
* 屋外イベントは2平米あたり1名、座席がエリアで指定される場合は500名まで、
 座席番号が指定される場合は2,000名まで
* 映画館、劇場、コンサートホールは、着席イベントの場合、屋内では定員の75%、
 屋外では定員の100%

以上、ご注意ください。

■ 新型コロナウィルスに関する外部情報
* 在シドニー日本国総領事館 新型コロナウィルス情報
 https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
* オーストラリア連邦政府 新型コロナウィルス感染者数状況
 https://www.health.gov.au/news/health-alerts/novel-coronavirus-2019-ncov-health-alert/coronavirus-covid-19-current-situation-and-case-numbers
* ニューサウスウェールズ州政府 新型コロナウィルス感染者数状況
 https://www.health.nsw.gov.au/Infectious/covid-19/Pages/stats-nsw.aspx
* ニューサウスウェールズ州政府 新型コロナウィルスの行動制限
 https://www.nsw.gov.au/covid-19/what-you-can-and-cant-do-under-rules

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯電話(フィーチャーフォン)でQRコードを読み取るか、URLを送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」