---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

オーストラリア ゴールドコースト / 「新型コロナウイルス」に関する最新情報

掲載日時:2021年03月22日

情報提供:株式会社トランスオービット

ゴールドコーストにおける新型コロナウイルス(COVID-19)に起因する、旅行者が知っておくべき行動制限、観光施設、飲食店、商店のオープンなどの最新情報をお知らせいたします。

■ 訪問禁止措置、解除に
2021年3月12日、ブリスベン市内「プリンセス・アレクサンドラ病院」の医師が新型コロナウイルス検査で陽性と判定され(イギリス型変異株への感染)、クイーンズランド州では60日ぶりの市中感染が発生したことを受け、3月13日(土) 正午より、ブリスベン市、イプスウィッチ市、ローガン市、レッドランド市、モートンベイ地域を含むブリスベン大都市圏の高齢者介護施設、病院、障がい者宿泊施設及び矯正施設への訪問が禁止となりましたが、同措置は3月19日(金)をもって解除となりました。

■ クイーンズランド州の規制状況 (3月22日現在)
ゴールドコーストのあるクイーンズランド州では、社会的距離(1.5m=2歩見当)の確保を条件に、下記の規制緩和が実施されております。(公共交通機関利用時や社会的距離確保が困難な場合は、マスク着用が推奨される)

〔飲食施設〕
* カフェ、レストラン、パブやクラブでの飲食が着席・立食共に可能。
 (コロナウイルス安全対策計画、又はチェックリストの実施店限定)
* カフェ、レストラン、パブやクラブ等では、顧客連絡先の記録を電子式に切り替えることが
 求められ、紙による記録は認められなくなる。

〔集会〕
* 自宅での集会可能人数は50名。
* 屋外の公共の場所での集会可能人数は100名。

〔屋内施設〕
* 密度制限を4平方メートルあたり1名から、2平方メートルあたり1名に緩和
 (例: レストラン、カフェ、パブ、クラブ、博物館、美術館、礼拝所、コンベンションセンター
  及び州議会議事堂)。
* 敷地内の屋内遊び場も開放可能

〔屋外施設〕
ビアガーデン等の屋外ダイニング、テーマーパーク、動物園に関しては、
4平方メートルにつき1名の収容制限から2平方メートルにつき1名の収容が可能
(コロナウイルス安全対策計画、又はチェックリストの実施施設限定)

〔結婚式〕
* 200名まで、または1人2平米ルールのいずれかで招待が可能。
 会場の大小に関わらず200名までは招待可能となり、もし200名以上収容可能な
 大きな会場であれば、1人2平米換算ルールのもと、200名以上の招待が可能。
* また全ての招待客は屋内外においてダンスが可能。

〔葬式〕
200名まで、または1人2平米ルールのいずれかで参列が可能。
葬儀場の大小に関わらず200名までは参列可能となり、もし200名以上収容可能な大きな会場であれば、1人2平米換算ルールのもと、200名以上の参列が可能。

〔屋内イベント〕
* 入場券が必要で、かつ着席が求められる屋内施設の着席収容可能人数について、入出場の際に
 観客がマスクを着用する場合、現行の50%から100%の収容可能に緩和。
 (例: 劇場、生演奏、映画館及び屋内スポーツ)
* 出演者と観客の距離を4mから2mに緩和。
 (但し、合唱団の場合においては観客との距離は4m確保することが必要)

〔屋外イベント〕
COVID安全イベント計画を有する場合、屋外イベント参加可能人数を1,000名から1,500名に緩和
(大規模なイベントにはCOVID安全計画が必要)

〔屋外スタジアム〕
COVID安全計画を有する場合、着席収容可能人数を75%から100%に緩和。

〔屋外におけるダンス〕
屋外におけるダンスを許可。(例: 屋外音楽祭、ビアガーデン)

〔屋内におけるダンス〕
2平方メートルにつき1名の密度制限を遵守する場合においては、パブ、クラブ、及びナイトクラブでの屋内のダンスも許可。

〔寄宿学校〕
寄宿学校の生徒は、週末及び祝日に友人宅に宿泊が可能。

〔レジデンシャル・ケア〕
メンタルヘルス、薬物及びアルコールに関する支援を受けている人を訪問することが可能。

〔その他〕
* 子供たちは学校への登校が可能、また各種スポーツ活動を行うことが出来る。
* クイーンズランド州の全ての事業や活動は、適切な対策(コロナウイルス安全対策チェックリストに
 基づき)が講じられていれば、営業することが可能。
* 大小イベントへの参加が可能。
* 州内全域において宿泊を含めた全ての旅行を無制限に行うことが可能。
* 高齢者介護居住施設からの外出を許可。

■ クイーンズランド州の州境オープン状況 (3月22日現在)
クイーンズランド州政府により感染多発地域(ホットスポット)に指定された地域を除き、州境を開放、強制隔離の必要なくクイーンズランド州への入州が可能。(入州許可証の取得も必要なし)
→ クイーンズランド州が定める感染多発地域(ホットスポット)
 https://www.qld.gov.au/health/conditions/health-alerts/coronavirus-covid-19/current-status/hotspots-covid-19
なお現在、クイーンズランド州政府が感染多発地域(ホットスポット)に指定している州、地域はありません。

■ ニュージーランドからの旅行者受け入れについて (3月22日現在)
ニュージーランド・オークランドにて市中感染が発生したため、2月24日 18:00以降、クイーンズランド州はニュージーランドを「Safe Travel Zone」より除外・
ニュージーランドからクイーンズランド州へ到着・入州を希望する場合、自己負担による州政府指定施設での14日間の強制隔離が必要となる。

3月22日現在、オーストラリアの州・準州において、ニュージーランドからの入国・入州を隔離無しの条件付きで認めているのは、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州の2州のみとなっております。
なお、3月19日の一部メディアの報道によると、オーストリア・ニュージーランドの相互間の隔離無しでの自由な渡航に関し、4月半ばに開始される可能性が浮上しているとのことです。

★ ゴールドコーストのマスク着用状況 (3月22日現在)
市中感染の発生が無く、マスク着用が義務化されていないゴールドコースト地区では、現時点でマスク着用者は皆無の状況です。

以上、ご注意ください。

■ 新型コロナウィルスに関する外部情報
* 在ブリスベン日本国総領事館 新型コロナウィルス情報
 https://www.brisbane.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
* オーストラリア連邦政府 新型コロナウィルス感染者数状況
 https://www.health.gov.au/news/health-alerts/novel-coronavirus-2019-ncov-health-alert/coronavirus-covid-19-current-situation-and-case-numbers
* クイーンズランド州政府 新型コロナウィルス感染者数状況
 https://www.qld.gov.au/health/conditions/health-alerts/coronavirus-covid-19
* クイーンズランド州政府 新型コロナウィルスの行動制限
 https://www.qld.gov.au/health/conditions/health-alerts/coronavirus-covid-19/current-status/public-health-directions

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯電話(フィーチャーフォン)でQRコードを読み取るか、URLを送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」