---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

ネパール / 入国時7日間の隔離措置が不要になりました

掲載日時:2021年04月02日

情報提供:ヒマラヤ観光開発株式会社

2021年3月18日(木) 付け、ネパール政府の発表を元に作成されたネパール観光庁(NTB: Nepal Tourism Board)の案内冊子によると、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年より外国人旅行者に対しネパール入国時に課されてた規制が緩和され、入国後7日間のホテルでの隔離措置が不要となりました。
但し、ネパールへの渡航に際し利用する最初の搭乗便の出発72時間前以内に実施したPCR検査、及び入国後のPCR検査と結果判明までのホテルでの待機は、引き続き必要となります。

また、外国人旅行者に対しての空港アライバルビザの発給も再開されておりますが、原則、ネパールの在外公館が無い国や、諸事情により事前のビザ申請が困難な場合のみが対象とされており、日本からの渡航に際しては、あらかじめ東京のネパール大使館または大阪総領事館での事前ビザ取得が望ましいようです。

■ 外国人旅行者のネパール入国に際し必要となる書類 (2021年4月現在)
a) ネパール渡航の最初のフライトの搭乗72時間前以内に実施したPCR検査の陰性証明書
b) 入国ビザのコピー、または事前に現地旅行社を通じて、DOT(Department of Tourism)
 またはNTB(Nepal Tourism Board)から入手したプリ・ビザ・レコメンデーション・レター (**注)
  ** 注: 空港アライバルビザ申請の場合
c) ホテルの予約確認証明書
d) 新型コロナウイルスに罹患した場合の費用を負担可能な海外旅行傷害保険加入証明書 (US$500相当)
e) International Travel Arrival Form
 https://ccmc.gov.np/arms/person_add_en.php にてあらかじめ取得したバーコード
 ※推奨ブラウザはGoogle ChromeまたはMozilla Firefox
 ※CCMC = COVID-19 Crisis Management Center (CCMC), Kathmandu

なお、東京のネパール大使館または大阪総領事館でビザを申請取得する場合も、あらかじめ現地旅行社を通じて取得したビザ・レコメンデーション・レターの提出が必要です。

以上、ご注意ください。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯電話(フィーチャーフォン)でQRコードを読み取るか、URLを送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」