---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

オーストリア / ポストコロナの団体旅行に関するQ&A

掲載日時:2021年06月18日

情報提供:オーストリア政府観光局

オーストリアでは少しずつ日常が戻ってきており、団体旅行も再び可能になりました。
新型コロナウィルスに感染している可能性のないことを示す、いわゆる「3−Gルール」(陰性証明・接種証明・回復証明のいずれかの提示)を満たせば、観光バスの乗客数に上限はありません。
車内ではFFP2マスクの着用が義務付けられています。
この他、団体旅行を企画するにあたり、考慮すべき点をご案内します。
(2021年6月16日現在、日本からの観光目的の渡航制限は未だ解除されていません)

■ FAQ
オーストリアの団体旅行やバス旅行を企画されるご担当者様向けに、よくある質問をまとめました。

Q: 団体旅行の参加者数に上限はありますか?
A: 観光バスの乗客数やホテルの宿泊者数に上限はありません。

Q: 観光バス車内でのマスク着用は必須ですか?
A: はい、FFP2マスクの着用が義務付けられています。
  これは公共交通機関の車内でも同様です。

Q: 同居していない人同士がホテルの客室に一緒に泊まることは可能ですか?
A: はい、可能です。

Q: アパートメントホテル、山小屋、貸別荘などに宿泊する場合、一グループの人数に上限はありますか?
A: 上限はありません。

Q: 飲食店に行くとき、グループの人数に上限はありますか?
A: 屋内は最大8人、屋外は最大16人までです。これには同伴の子どもの人数は含みません。
  7月1日からは収容制限が撤廃される予定です。
  飲食店でのガイドラインの詳細はこちらをご参照ください。
  → https://www.austria.info/en/service-and-facts/coronavirus-information/hotels-restaurants

Q: 上記の人数制限を超える団体旅行の場合、複数のテーブルに分かれて座ることは可能ですか?
A: はい、可能です。

Q: 団体でのシティーツアーは可能ですか?
A: はい、最大50人まで可能です。17人以上の団体旅行の場合、ツアーオペレーターは
  該当地域の行政当局へ事前登録をする必要があります。
  7月1日からは収容制限が撤廃される予定です。

Q: 博物館・美術館にて、団体観覧は最大何人まで可能ですか?
A: 多くの博物館・美術館は最大50人を上限としています。
  17名以上の団体ガイドツアーの場合は、該当地域の行政当局へ事前登録をする必要があります。
  7月1日からは収容制限が撤廃される予定です。

(上記は2021年6月16日現在の情報です。状況により変更の可能性があります)

〔参考情報〕
* 医療ホットライン:
 電話番号: 1450 (オーストリア国外からは +43 1450)
* ホスピタリティ業界の安全のために
 https://www.sichere-gastfreundschaft.at/
* 保険食品安全庁(AGES)新型コロナウィルス情報
 https://www.ages.at/themen/krankheitserreger/coronavirus/
* オーストリア保健省の新型コロナウィルス情報
 https://www.sozialministerium.at/Informationen-zum-Coronavirus/Neuartiges-Coronavirus-(2019-nCov).html
* オーストリア観光省の新型コロナウィルス情報
 https://www.bmlrt.gv.at/tourismus/corona-tourismus.html
* オーストリア外務省による最新の旅行自粛勧告
 https://www.bmeia.gv.at/reise-aufenthalt/reisewarnungen/

〔連邦州の新型コロナウィルス情報〕
* ブルゲンランド州
 https://www.burgenland.info/aktuelle-informationen-covid19
* ケルンテン州
 https://www.kaernten.at/aktuelle-informationen/
* ニーダーエステライヒ州
 https://www.niederoesterreich.at/coronavirus-aktuelle-fragen-und-antworten
* オーバーエステライヒ州
 https://www.oberoesterreich.at/service/aktuelle-information.html
* ザルツブルク州
 https://www.salzburgerland.com/de/coronavirus/
* シュタイヤマルク州
 https://www.steiermark.com/de/service/Corona-Information
* チロル州
 https://www.tirol.at/informationen-coronavirus
* フォアアールベルク州
 https://www.vorarlberg.travel/serviceline/
* ウィーン
 https://www.wien.info/de/reiseinfos/coronavirus

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯電話(フィーチャーフォン)でQRコードを読み取るか、URLを送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」