---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

オーストラリア / 「新型コロナウイルス」に関する最新情報

掲載日時:2021年09月16日

情報提供:株式会社トランスオービット

オーストラリアにおける新型コロナウイルス(COVID-19)に起因する、各州の状況をお知らせいたします。

■ オーストラリア各州で実施されている州境制限
◎ ニューサウスウェールズ州 (シドニーなど)
州指定制限地域に滞在歴がある場合を除き、検疫無しで入州を許可。オンライン登録なし。

◎ ビクトリア州 (メルボルンなど)
全ての州からのビクトリア州への入州には、事前のオンライン申請が必要。
感染状況により「レッド」、「オレンジ」、「グリーン」の3つのゾーンに分け、
それにより入州の可否・条件を決定。
* レッドゾーン (最危険地域、入州禁止)
 ニューサウスウェールズ州、クイーンズランド州のブリスベン都市圏、オーストラリア首都特別地域

〔ビクトリア州政府指定制限エリア〕
 https://www.coronavirus.vic.gov.au/victorian-travel-permit-system#permit-zones

◎ オーストラリア首都特別地域 (キャンベラ)
シドニー大都市圏、及び周辺地域の滞在者は、入州禁止。
州指定制限地域に滞在歴がある場合を除き、検疫無しで入州を許可。オンライン登録なし。
〔オーストラリア首都特別地域指定制限エリア〕
 https://www.covid19.act.gov.au/updates/covid-19-affected-areas

◎ クイーンズランド州 (ゴールドコースト、ケアンズなど)
入州証(Queensland Entry Pass)の取得を入州3日前までに行うこと。
* オレンジゾーン (指定された方法で隔離) --- 南オーストラリア州の一部地域。
* レッドゾーン (入州禁止) --- ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州

州指定制限地域に滞在歴がある場合を除き、検疫無しで入州を許可。オンライン登録なし。
〔クイーンズランド州政府指定制限エリア〕
 https://www.qld.gov.au/health/conditions/health-alerts/coronavirus-covid-19/current-status/hotspots-covid-19

◎ 南オーストラリア州 (アデレードなど)
ニューサウスウェールズ州、オーストラリア首都特別地域に滞在した人は、原則入州禁止。
州指定制限地域に滞在歴がある場合を除き、検疫無しで入州を許可。
入州まで、または入州時にオンライン登録要。
〔南オーストラリア州政府指定制限エリア〕
 https://www.covid-19.sa.gov.au/restrictions-and-responsibilities/travel-restrictions#sa

◎ 西オーストラリア州 (パースなど)
* ローリスク (14日間の自主検疫) --- クイーンズランド州
* ミディアムリスク (入州禁止) --- ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域
* ハイリスク (入州禁止) --- ニューサウスウェールズ州

州指定制限地域に滞在歴がある場合を除き、検疫無しで入州を許可。オンライン登録要。
〔西オーストラリア州政府指定制限エリア〕
 https://www.wa.gov.au/organisation/covid-communications/covid-19-coronavirus-controlled-interstate-border?1

◎ タスマニア州 (ホバートなど)
* ハイリスク・レベル2 --- ビクトリア州
 原則入州禁止。入州許可された場合は14日間の自主隔離。
* ハイリスク・レベル1 --- ニューサウスウェールズ州、オーストラリア首都特別地域
 原則入州禁止。入州が許可された場合は強制隔離。

州指定制限地域、施設に滞在歴がある場合を除き、検疫無しで入州を許可。
入州の3日前までにオンライン登録要。
〔タスマニア州指定リスク地域・施設〕
 https://coronavirus.tas.gov.au/travellers-and-visitors/coming-to-tasmania/travel-alert

◎ ノーザンテリトリー準州 (エアーズロック、ダーウィンなど)
ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域など、ホットスポット指定地域に滞在した人は、14日間の強制検疫。
州指定制限地域に滞在歴がある場合を除き、検疫無しで入州を許可。
入州の7日前までにオンライン登録要。
〔ノーザンテリトリー準州指定ホットスポット〕
 https://coronavirus.nt.gov.au/travel/quarantine/hotspots-covid-19/former-declared-hotspots

上記はオーストラリア国内間の移動に関する州境移動の制限に関する情報です。
全ての州においてオーストラリア国民、永住者、特別な許可を所持する人を除き、海外からオーストラリア国外への入国は認められておりません。

■ オーストラリアへの国際線到着者数を削減
オーストラリア政府は、国内で広がる新型コロナウィルスのデルタ種に対する懸念を理由に、オーストラリアへ入国する国際線の乗客数を一時的に50%削減することを決定しました。
オーストラリアでは、現在、国際線到着人数を週約6,000人に制限しておりましたが、これを週約3,000人に削減します。この到着者数の削減は7月14日までに段階的に実施され、これから設定されるワクチン接種目標に達するまで継続される予定です。

現在オーストラリアでは、全ての国際線到着者に14日間の強制検疫を義務付けておりますが、これをワクチン接種を受けた人は7日間に短縮するすることも検討しております。

■ シドニー大都市圏、及び周辺地域でロックダウン実施
シドニー市東部のボンダイ地区で発生した新型コロナウィルス、デルタ株のクラスターは、その後も広がりをみせています。
ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー大都市圏、及び周辺のブルーマウンテンズ地域、セントラルコースト地域、ウーロンゴン地域でロックダウン(Stay Home Oeder、在宅命令)の実施を決定しました。

ロックダウンは6月26日の午前06:00に開始され、終了日は7月09日・7月16日・7月30日、8月28日と延期され、現在は9月30日までに再度延長されております。

この期間は、必要不可欠な買い物、医療・介護ケア、屋外の運動、必要不可欠な通勤・通学等を除き、家から外出することは禁止され、原則家に留まる必要があり、違反者には200AUドルの罰金が科せられます。

---
■ オーストラリア国内感染者数
9月12日時点のオーストラリア国内の新型コロナウイルスの感染者数は以下の通りです。
* オーストラリア現感染者数: 17,610名
 (ACT=249、NSW=14,536、NT=1、QLD=21、SA=8、TAS=0、VIC=2,793、WA=2)

※オーストラリア政府保険局 コロナウィルスの現況と症例者数
 https://www.health.gov.au/news/health-alerts/novel-coronavirus-2019-ncov-health-alert/coronavirus-covid-19-current-situation-and-case-numbers

■ オーストラリア出入国制限、緩和・解除の見通し
2021年8月、オーストラリア連邦政府はワクチン接種率によって4つの段階に分けて規制緩和を進める方針を発表。この方針にはワクチン接種率が80%を超えた段階で、限定的ながらも感染一部の国・地域との国境が開かれることが計画されており、日本もその検討されている国に含まれている。

以上、ご注意ください。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯電話(フィーチャーフォン)でQRコードを読み取るか、URLを送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」