---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

アメリカ / 「新型コロナウイルス」に関する最新情報

掲載日時:2021年09月28日

情報提供:株式会社 トランスグループ

「新型コロナウイルス」の影響について、現在のアメリカの最新情報を以下にお知らせいたします。

■ 日本から渡米する場合の情報
先週、アメリカ政府が2021年11月からアメリカに入国する外国人はワクチン接種済みが条件と発表しました。すでにCESなどのコンベンションビューローでは、登録にはワクチン接種券が条件となっています。これからは、
 日本出発前のPCR陰性証明
 ワクチン接種証明
 日本への帰国前のPCR陰性証明
が、渡航の際の3種の神器となるようです。

国土安全保障省の運輸保安局(TSA)は、空港、民間航空機、および旅客鉄道、都市間を結ぶバス、その他の様々な地上交通機関を含む公共交通機関において、連邦政府のマスク規定に違反した個人に科す民事罰の範囲を拡大すると発表しております。
2021年9月10日(金)に施行された新しい罰則では、
 初犯の場合の罰金は500〜1,000USドル、
 再犯の場合の罰金は1,000〜3,000USドル。

飛行機でのマスク着用においても、問題行動が多数報告されています。
FAAに今年に入ってから報告された搭乗客の問題行為は、2021年9月07日までで4,184件。
そのうち3,057件はマスクに関するものでした。
公共交通機関におけるマスク着用義務は、現時点で2022年1月18日まで有効です。

■ マスク情報
米国連邦政府は、2歳以上の人の公共交通機関でのマスク着用義務を来年1月まで延長しておりますが、通気バルブのないものという以外には、マスクの種類の規定は設けておりません。
しかし航空会社の中には、機内でのマスクに関する規則を厳格化し、布製マスクを禁止して医療用マスク(サージカルマスク)など保護効果が高いとされる種類のマスク着用を義務付け始めるところが出てきています。
パンデミック宣言が出されてから約1年半。飛行機で移動する場合は利用する航空会社がマスクの種類を指定しているかどうか確認する段階に入ったと言えそうです。

■ アメリカのガイド事情
現地より9月以降のガイドやドライバーについて、これまで以上に調達が難しいと悲鳴に近い声が届いております。というのは、2021年9月04日でコロナ経済対策の失業保険上乗せ措置が終了したためです。
これまで失業保険をしっかり受給できたため、ガイドやドライバーも生活に困ることなく過ごしておりましたが、失業保険が打ち切られたことから再就職せざるを得なくなり、旅行業から離れ別業界に再就職することが予想されます。
今後、ますます人手不足が心配されます。

以上、ご注意ください。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯電話(フィーチャーフォン)でQRコードを読み取るか、URLを送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」