---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

オーストラリア ゴールドコースト / 「新型コロナウイルス」に関する最新情報‐更新

掲載日時:2021年10月20日

情報提供:株式会社トランスオービット

ゴールドコーストにおける新型コロナウイルス(COVID-19)に起因する、旅行者が知っておくべき行動制限、観光施設、飲食店、商店のオープンなどの最新情報をお知らせいたします。

■ クイーンズランド州における州境・国境オープンへのロードマップ
2020年3月の新型コロナウイルス・パンデミック以降、オーストラリアへの入国だけでは無く、自国民の出国をも厳しく制限して来たオーストラリアですが、2021年10月01日、オーストラリア連邦政府 スコット・モリソン首相より、ワクチン接種率が80%を超えた州より段階的に国境をオープンして行く旨の発表がありました。

これに伴い、ワクチン接種率が既に80%を超えたシドニーのあるニューサウスウェールズ州では、2021年11月01日よりワクチン接種を完了したオーストラリア人(永住者及びその家族含む)に対し、帰国後の隔離を一切求めない旨の発表を行いました。
当初予定されていた7日間の自宅隔離案は撤廃され、ワクチン完全接種者は隔離の必要無くオーストラリア(ニューサウスウェールズ州)への入国が可能となることとなっています。

これらを受け、2021年10月18日、クイーンズランド州政府は、クイーンズランド州における州境並びに国境オープンへのロードマップを発表いたしました。

◎ ワクチン2回接種完了者が州人口比70%到達 --- 2021年11月19日予定
【 オーストラリア国内ホットスポット(感染多発地帯)からクイーンズランド州への入州が許可される要件 】
* 2回のワクチン接種が完了していること
* 空路で入州すること(陸路は認められない)
* 到着72時間以内の新型コロナウイルス検査での陰性証明の提示
* 到着後14日間は自宅隔離を行うこと

【 海外からクイーンズランド州への入州が許可される要件 】
* 海外からクイーンズランド州へ直接入州する場合、州政府指定の隔離施設にて14日間の
 強制隔離が必要(費用自己負担)
* 海外から他州を経由の上、クイーンズランドへ入州する場合、オーストラリア入国後
 14日間が経過していない場合は、州政府指定の隔離施設にて強制隔離が必要(費用自己負担)

◎ ワクチン2回接種完了者が州人口比80%到達 --- 2021年12月17日予定
【 オーストラリア国内ホットスポット(感染多発地帯)からクイーンズランド州への入州が許可される要件 】
* 2回のワクチン接種が完了していること
* 空路及び陸路いずれの手段でも入州が可能
* 到着72時間以内の新型コロナウイルス検査での陰性証明の提示
* 隔離は不要

【 海外からクイーンズランド州への入州が許可される要件 】
* 海外からクイーンズランド州へ直接入州する場合、2回のワクチン接種を完了していて、
 かつ到着72時間以内の新型コロナウイルス検査で陰性の場合、自宅での隔離が可能
* 上記条件を満たさない場合は、州政府指定の隔離施設において強制隔離が必要(費用自己負担)

◎ ワクチン2回接種完了者が州人口比90%到達
* 2回のワクチン接種が完了している場合、入州規制並びに隔離の必要は無し
* 2回のワクチン接種が完了していない到着者・入州希望者は、クイーンズランド州への
 入州許可証の取得、14日間の隔離が必要となり、1日あたりの入州制限者数の規制が課される

■ クイーンズランド州におけるワクチン接種率の状況 (2021年10月17日現在)
2回のワクチン完全接種率が80%を超え、2021年11月01日には制限付きながら国境オープンが発表されたニュー・サウス・ウェールズ州やビクトリア州などその他の州に比べ、コロナウイルス新規感染者の抑制に成功しているクイーンズランド州は、ワクチン接種率が他州と比較し遅延しております。

クイーンズランド州は他州と比べ、ワクチン接種に対する抵抗感が強いと言う調査結果が出ており、かつ新規感染者の抑制に成功していることがワクチン接種率の低下を招いているのが実情です。

◎ 全豪・クイーンズランド州のワクチン接種率の対比
 1回のワクチン接種を受けた人口比率: 全豪 84.0% (クイーンズランド州 71.7%)
 2回のワクチン接種を受けた人口比率: 全豪 66.3% (クイーンズランド州 55.5%)

■ クイーンズランド州の州境オープン状況 (2021年10月17日現在)
クイーンズランド州政府は、2021年7月23日 午前01:00以降、クイーンズランド州外からの入州者に対し、入州証(Queensland Entry Pass)の取得を入州3日前までに行うことを義務化しました。
感染状況に応じて、州外(ニュージーランド含む)を4つに区分けし、下記の入州規制が課されます。

* グリーン区域:
 規制無し
* オレンジ区域:
 感染確認場所(Interstate exposure venue) → 入州後に隔離が必要
* レッド区域:
 ホットスポット・感染多発地域 → クイーンズランド州民以外は原則入州不可
* ブルー区域:
 ニューサウスウェールズ州、クイーンズランド州の州境地域(NSW Border Zone)
 → 限られた目的において入州が可能

※クイーンズランド州が定める感染多発地域 (ホットスポット)
 https://www.qld.gov.au/health/conditions/health-alerts/coronavirus-covid-19/current-status/hotspots-covid-19

◎ クイーンズランド州の指定する感染多発地域 (2021年10月17日現在)
* ニューサウスウェールズ州全域
* ビクトリア州全域
* オーストラリア首都特別地域(キャンベラ)全域
* タスマニア州南部12の地方行政区 (10月17日より)

クイーンズランド州政府は、2021年9月05日(日) 20:00以降、クイーンズランド州居住者がクイーンズランド州へ戻ることを希望する場合、また他州よりクイーンズランド州への転居を希望する場合、入州許可証(Queensland Entry Pass)申請時に、身分証明書及び転居予定のクイーンズランド州内住所を提示する必要がある旨の発表を行いました。

■ ゴールドコーストのマスク着用状況 (2021年10月17日現在)
マスク着用に関する各種規制が課されているゴールドコーストですが、本来着用義務が生じている場面において多々マスク未着用者が散見され、マスク着用に関して「大きな緩み」を感じています。

以上、ご注意ください。

■ 新型コロナウィルスに関する外部情報
* 在ブリスベン日本国総領事館 新型コロナウィルス情報
 https://www.brisbane.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
* オーストラリア連邦政府 新型コロナウィルス感染者数状況
 https://www.health.gov.au/news/health-alerts/novel-coronavirus-2019-ncov-health-alert/coronavirus-covid-19-current-situation-and-case-numbers
* クイーンズランド州政府 新型コロナウィルス感染者数状況
 https://www.qld.gov.au/health/conditions/health-alerts/coronavirus-covid-19
* クイーンズランド州政府 新型コロナウィルスの行動制限
 https://www.qld.gov.au/health/conditions/health-alerts/coronavirus-covid-19/current-status/public-health-directions

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯電話(フィーチャーフォン)でQRコードを読み取るか、URLを送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」