---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

オーストラリア / オーストラリア国境を再開、全ての国からの旅行者を受入れを開始 ※更新

掲載日時:2022年04月04日

情報提供:株式会社トランスオービット

オーストラリアは、2020年3月より厳しい入国規制により厳しい出入国制限を開始、オーストラリア市民と永住者を除き、特別な理由がない限りオーストラリアに入国することができなくなっていました。
これによりオーストラリア国外からの新型コロナウィルスの侵入をほぼ防ぐことができ、ニュージーランドと同様、世界的に新型コロナウィルスの感染拡大に成功した国の1つとなっています。

事実上の「新型コロナウィルスゼロ戦略」をとっていたオーストラリアですが、2021年8月にオーストラリア国内におけるワクチン接種の進行とともに入国制限を含む規制緩和を進めるロードマップを発表、「コロナとの共存」へ大きく方針を転換しました。

2021年12月15日より、日本、韓国などからのワクチン接種完了した旅行者は、オーストラリア入国の一部の州に可能となり、オーストラリア入国後の隔離も免除され、短期の観光を目的する旅行者もオーストラリアを旅行することができるようになりました。
2022年2月21日より、そのオーストラリアの入国制限が全世界からのワクチン接種完了者に対象を拡大、約2年ぶりにオーストラリアの国境が全面的に開放されました。

★ 更新情報
オーストラリア政府は、さらに入国制限の緩和を進め、2022年4月17日以降、オーストラリア入国前のPCR検査による新型コロナウィルスの陰性証明書の提出義務が廃止されます。

---
■オーストラリアに入国できる条件
2022年2月21日以降、以下の条件を満たす旅行者は、オーストラリアに入国することが可能となりました。

* オーストラリア保健局(TGA)によって承認されたワクチン接種を完了していること
* オーストラリアに入国できる有効なビザを所持していること
* デジタル乗客宣言(DPD: Degital Passenger Declaration)を出発72時間前までに提出すること
* 出発前3日以内に行われた新型コロナウィルスの検査で陰性であること

なお、各項目の詳細情報は以下の通りです。

◎ ワクチン接種を完了していること
新型コロナウィルスのワクチンは、オーストラリア保健局(TGA)によって承認されたワクチンでなければいけません。また、ワクチンの最終投与日から7日間以上経過していなければなりません。

現在オーストラリア保健局によって承認され、新型コロナウィルス・ワクチンの種類と完了したとみなされる接種量は以下の通りです。日本で接種されているワクチン(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカのワクチン)は、いずれもこのリストに含まれます。

* 少なくとも14日間隔で2回接種
 アストラゼネカ
 アストラゼネカコビシールド
 ファイザー / バイオテック
 モデルナまたは武田
 シノバックコロナバック
 バーラトバイオテックコヴァクシン
 シノファーム
 スプートニクV
 ノババックス / バイオセレクト・ヌバキソビット

* 少なくとも1回接種
 ジョンソンエンドジョンソン / ヤンセンファーマ

接種されたワクチン全てがこのリストに含まれれば、交差接種でも問題ありません。
現時点では、3回目以降のブースター接種は、オーストラリア入国に際して入国条件に求められていません。

〔ワクチンの接種証明〕
オーストラリアに向けて出発する航空機のチェックインの際に、ワクチンの接種証明を提示する必要があります。認められるワクチンの接種証明書の発行機関、証明書の言語は以下の通りです。
* 国、州、地方レベルの当局、または認定された予防接種機関が発行したもの
* 英語で書かれたもの、または認証された翻訳が添付されているもの

ワクチンの接種証明書には、少なくとも以下の情報が記載されている必要があります。
* 旅行者のパスポートに記載されている名前
* 生年月日、またはパスポート番号、または国民ID番号
* ワクチンのブランド名
* 各接種日またはワクチン接種の全コースが終了した日

ワクチンの接種証明書は紙による証明書の他、デジタル形式のものも認められています。
最新の情報、さらに詳しい情報は、オーストラリア外務省の以下のページをご覧ください。
→ Guidance on foreign vaccination certificates
 https://www.passports.gov.au/guidance-foreign-vaccination-certificates

◎ 有効なビザを所持していること
オーストラリアに入国するオーストラリア市民を除いて、全てオーストラリアに入国するための有効なビザ(渡航査証)を所持している必要があります。
これは新型コロナウィルスのパンデミック以降に変更になった訳ではなく、パンデミック以前よりオーストラリアの入国に際してビザの所持が必要でした。

「世界最強のパスポート」とも言われ、ほとんどの主要国へ短期の観光や商用目的での渡航において、ビザの取得が免除されている日本国パスポートですが、日本国パスポートをもってしても、ここオーストラリアはビザの取得が必要となる数少ない国となります。

日本人の場合、3ヵ月以内の観光、または商用目的のオーストラリア渡航であれば、ETAS(イータス、Eelectric Travel Authority System)という、簡易的な電子ビザの利用が可能となっています。

◎ デジタル乗客宣言を提出していること
オーストラリアに飛行機で到着する全てに乗客は、デジタル乗客宣言(DPD: Digital Passenger Declaration)の提出を終えている必要があります。
このデジタル乗客宣言の提出は、以下の期間内に完了していなくてはなりません。
* オーストラリアに向けて出発する7日前より開始でき、提出は出発の72時間前を過ぎてから

デジタル乗客宣言(DPD)では、以下の情報を提出し、宣言をする必要があります。
* オーストラリア国内での電話番号を含む連絡先
* ワクチン接種の状況について、法的拘束力のある申告
* 過去14日間の渡航歴について申告
* オーストラリアに入国する際、および上陸する州・準州で適用される検疫・検査要件、
 および違反した場合の罰則を承知していることを宣言

最新の情報は以下のオーストラリア内務省のWEBサイトを参照ください。
→ オーストラリア内務省:Digital Passenger Decralation
 https://covid19.homeaffairs.gov.au/digital-passenger-declaration
デジタル乗客宣言は、以下よりオンラインで申告と宣言することができます。
→ オーストラリア内務省:Australia Digital Passenger Declaration (DPD)
 https://dpd.homeaffairs.gov.au/

◎ 新型コロナウィルス陰性であること
オーストラリアに入国するためには、新型コロナウィルス検査の結果が陰性である必要があります。

新型コロナウィルスの陰性結証明書を、オーストラリアに向かう航空機のチェックイン時に航空会社係員に提示します。
航空機のチェックイン時に陰性証明書を提出できない、または記載要件を満たしていない場合は、オーストラリア行きの航空機に搭乗することはできません。

このオーストラリア出発前の新型コロナウィルスPCR検査、陰性証明書の提出義務は、
 オーストラリア政府のさらなる水際対策緩和措置により、2022年4月17日に廃止されます。


以上、ご注意ください。

★ 本情報の注意事項
掲載されている情報は執筆時のものです。特に新型コロナウィルスの水際対策に関して、日々手続き、対策は変化していますので、現在の状況と異なっている場合もあります。
提供した内容に関連して、ご利用される方が不利益等を被る事態が生じたとしても、当社および執筆者は一切の責任を負いかねますので、ご了承ください

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯電話(フィーチャーフォン)でQRコードを読み取るか、URLを送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」