---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

チリ / イースター島、観光客の受け入れを再開

掲載日時:2022年08月17日

情報提供:株式会社ラティーノ

2020年3月のパンデミックから観光客の受け入れ停止しておりましたイースター島は、2022年8月04日、約2年半ぶりに観光客の受け入れを正式に再開しました。

◎ イースター島限定の上陸ルール
* ワクチン接種証明書 (自治体が発行する英語版・QRコード付き)
* ワクチン接種証明書の認証PDM通行証は、2022年9月01日以降も必要です。
* ワクチン接種証明書があっても24時間以内のPCR検査陰性証明書が必要。
* イースター島ラパヌイ空港上陸専用フォーム
 https://ingresorapanui.interior.gob.cl/#
* ランダムな抗原検査を実施

◎ サンチアゴ〜イースター島間、フライト情報
* 8月は週2便を運航
・サンチアゴ(SCL) → イースター島(IPC)
 LA841便 09:05発 → 12:35着 --- 木曜運航
 LA841便 09:30発 → 13:00着 --- 土曜運航
・イースター島(IPC) → サンチアゴ(SCL)
 LA842便 15:05発 → 21:35着 --- 木・土曜運航

* 9月は週3便を運航予定
・サンチアゴ(SCL) → イースター島(IPC)
 LA841便 09:30発 → 13:00着 --- 月・木・土曜運航
・イースター島(IPC) → サンチアゴ(SCL)
 LA842便 15:05発 → 21:35着 --- 月・木・土曜運航

■ チリにおける新型コロナウイルス関連情報
* 感染症危険レベル1
* ワクチン接種率 約95%
* 週平均: 感染者数 10,456人 / 死亡者数 27人

〔出入国規制〕
* ワクチン接種証明書が必要です (自治体が発行する英語版・QRコード付き)
 → PCR検査陰性証明書は、ワクチン接種証明書がある場合は不要。
* ワクチン接種証明書が無い場合は、48時間以内のPCR検査陰性証明書が必要。

* 宣言書C19は、2022年9月01日以降は不要となります。
 → http://www.c19.cl/

* ワクチン接種証明書の認証PDM通行証は入国の必要書類ではありませんが、
 チリ国内を移動する際やホテルチェックイン、レストラン利用などに必要とされておりましたが、
 こちらも2022年9月01日以降は不要となります(イースター島を除く)。

* 2022年6月24日より、COVID19保険への加入も入国要件ではなくなりましたが、
 万一に備え、保険の加入をお勧めいたします。

以上、ご注意ください。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯電話(フィーチャーフォン)でQRコードを読み取るか、URLを送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」