---

【都市別安全情報(トラベルサポート)】- 東南アジア

デンパサール (バリ島) [ Denpasar Bali ]

インドネシア [ Republic of Indonesia ]インドネシアの国旗

都市別安全情報

一般情報一般情報

●一般情報

● タクシー
メーター制が多いが、たまにメーターの壊れているタクシーもあり、こちらは時々規定料金より多くとられることもある。
空港からは行き先ゾーン別にチケット制。電話で呼び出すことができる。
〔料金のめやす〕
 初乗り料金: 7,000ルピア
 タクシーを電話にてオーダーすると30,000ルピア発生する。
 尚、オーダーしたものをキャンセルすると10,000ルピア発生する。

〔代表的なタクシー会社〕
* BLUE BIRD TAXI --- TEL: 0361-701-111

● 特殊な交通規制等
冠婚葬祭、ヒンドゥー教の儀式の際に交通規制や通行止めがあります。

● 公衆電話のかけ方
コイン式: 100ルピア、500ルピア。
通話基本料金は、3分間で500ルピア。
※近年、携帯電話の普及に伴い、公衆電話を見かけることはほとんどない。

● 旅行者立ち入り禁止区域
軍関連施設や政府関係機関等。ヒンドゥー寺院の特別な部分など。
それ以外は特にない。

● 写真撮影禁止・規制場所
軍の所有する港・飛行場等を含む全ての軍関連施設、空港のイミグレーション等の撮影は禁止されている。

● 歓楽街での注意点
麻薬の売人は麻薬を売り付けた後、さらに利益を得るために、すぐに警察に密告し警察から密告料(謝礼)をもらっている。したがって麻薬を買ったものは必ず逮捕される。
マジック・マッシュルーム(幻覚作用を引き起こすキノコの一種。精神錯乱となることもあり、マリファナ等よりも危険度が高い)も同様。
その他、薬物や売春行為を促す『ポン引き』が多数いますが、見知らぬ人間に関わらぬようご注意願います。

● 治安の悪い地域
* クタ、レギャンストリートは人も多いため、スリや麻薬の売人などが一番多い地区である。日本人は狙われやすいため注意。
* ベモ(小型乗合バス)内ではスリ、レストランやホテル内のロビーでは置き引きが多いので十分な注意が必要。
* クタ海岸では、観光客に有料で髪の三編みやマニキュア等のサービスを押しつける物売りが多い。
* 夜間帯に出歩く際は荷物を最小限にしたほうがよい。
* 女性同士での夜間行動は控えたほうがよい。

● 注意すべき慣習等
* イスラム教主体の国のため、左手は不浄とされる。左手を使っての物を受け渡しは、避けること。
* インドネシア人の頭をさわるのは、インドネシア人にとって最大の屈辱である。
* その他、椅子に座った際に足の裏が見えるような足の組み方をする、子供の頭をなでる等は、相手に不快感を与える場合があるので注意する。

● 一般人(旅行者を含む)に罰金が科せられるような条例等
* 麻薬取り締まりに対するインドネシアの姿勢は厳しく、重刑の対象になっているので、絶対に麻薬に関与しないこと。
* 身分証明書(短期滞在者はパスポート)の常時携帯が義務付けられています。パスポートの盗難には細心の注意が必要です。

● 日常会話におけるタブー等
宗教的な話題は避けたほうがよい。
相手を人前で怒ったり軽蔑する様な態度を取ることは、日本では考えられないほどの恨みを買うことになるので、絶対に避けること。

● 警察の信頼度と日本人への対応
警察は信頼できるとは限らない。金銭で動く。
日本語はまず話せない。また英語を話す警察官も少ないため、言葉の面で大変苦労する。

● 鉄道・バス・飛行機等の発着時刻等の正確さ
鉄道はない。バスは渋滞の影響もあり、スケジュールというものがない。

● 日本語対応可能な窓口 (大使館・領事館、旅行会社・ツアーオペレーター以外)
特になし。


【 禁制品 】
● 国外持ち出し禁止品・規制品
土産品店で売っているべっこう製品。(ワシントン条約で輸出入が禁止されている)
熱帯魚(アロワナ)等の野生動物。

● 現地通貨の持ち出し規制
100,000,000ルピア以上の現地通貨。外貨については制限なし。


【 電子タバコ関連情報 】
1) 入国時に電子タバコ/加熱式タバコの持ち込みは可能ですか?
〔回答〕
◎ 本体について
 持ち込み可能。
◎ タバコの葉の部分について
 持ち込みには、制限/条件あり。
 成人1人につき200本以内。

2) 制限や条件を無視して、また持ち込み不可にもかかわらず、電子タバコ/加熱式タバコを持ち込んでしまった場合、罰金や没収などのペナルティはありますか?
〔回答〕
 規定量以上を持ち込んだ場合は没収。
 状況により罰金が科されることもある。

3) その他、電子タバコ/加熱式タバコに関しての注意点等
〔回答〕
 禁煙区域を設けている施設(ホテル、レストラン、ショッピングセンターなど)は多くあるが、一般的に喫煙に関するマナーは整っていないといえる。


★ その他情報
* 2003年以前に発行されたUSドル紙幣は、インドネシア国内での使用、及び一部両替所で両替ができないので、ご利用の際はご注意ください。

* バリ島では自家用車の増加、ジャワ島からの観光客の影響で曜日、時間帯に関係なく慢性的な渋滞が発生しております。通常の所要時間よりも2倍から3倍の時間を要することも多々あるため、時間に余裕を持ったスケジュールを組むようにしてください。

* 狂犬病
万が一、犬や猫・猿などに噛まれた場合は(擦過傷や舐められた場合も含む)、一刻も早く医療機関を受診し、追加のワクチン接種(暴露後免疫)と必要に応じて狂犬病免疫グロブリンの注射を受けてください。

◎ 空港内の悪質ポーター、両替商に注意。
バリ島到着時、入国手続き完了後、ターンテーブルにて機内預けの荷物を受け取りますが、その周辺に荷物を勝手に運び法外な金額を要求してくる悪質なポーターがたくさんいます。お荷物は必ずご自身でお運びください。
又、同時に、悪質な両替商が金額やレートをごまかし、手数料を取られる場合もございますのでご注意ください。

◎「ニュピ」について
年に1度『ニュピ』と呼ばれる、外出禁止の日があります。
この日は、バリ住民のみならず旅行者も外出が禁止されます。
当日は朝06:00〜翌朝06:00まで空港がクローズとなり、バリ島から出ることができません。
ホテル内は通常通り営業しておりますので、ホテル内で過ごすこととなります。

別の国・都市の情報を見る

国名・都市名から探す
  • エリアを選択すると国が選択できます

  • 国を選択すると都市が選択できます