---

【都市別安全情報(トラベルサポート)】- オセアニア/ポリネシア

アデレード [ Adelaide ]

オーストラリア [ Commonwealth of Australia ]オーストラリアの国旗

都市別安全情報

一般情報一般情報

●一般情報

◆ タクシー
メーター制。料金のごまかしもなく、まずまず信頼できる。
基本的に流しのタクシーは無いため、ホテル等から電話で呼び出すか、もしくは市内のいたるところにあるタクシー乗り場から乗車する。

〔料金のめやす〕
* 初乗り料金: 月〜金曜 06:00〜19:00 AU$3.70、以降 AU$1.84/km。
 夜間・早朝は深夜料金が加算される。
* 空港〜ホテル: 約AU$ 30

〔代表的なタクシー会社〕
* INDEPENDENT TAXI --- TEL: 132-211
* SUBURBAN TAXIS --- TEL: 131-008

◆ 特殊な交通規制等
日本と同じ右ハンドル左側通行だが、右側優先。
信号等は日本と変わらないがラウンドアバウトという交差点を円滑に回れるシステムがある。
運転時は赤信号でも平気で渡る歩行者に注意。
夜間、ヘッドライトに向かってカンガルーや野生動物が飛び出してくることがあるので気を付けること。

◆ 公衆電話のかけ方
コイン式: 10、20、50セント、AU$1
テレホンカードの種類: AU$5、AU$10、AU$20
※日本と同じスタイルのテレホンカード使用電話もある。但し使える電話機は少ない。
 1通話=市内通話に限り40セントで時間制限なし。かけ方は日本と同じ。
※近年、携帯電話の普及に伴い公衆電話の需要が少なくなり、公衆電話が容易に見つからない場合がある。

◆ 旅行者立ち入り禁止区域
軍関連施設、搭乗券なしでの空港のセキュリティーゲート内等。

◆ 写真撮影禁止・規制場所
* 軍関連施設、空港のイミグレーションなどの撮影は、禁止されている。
* 歴史的建造物内では写真撮影禁止の場合がある。撮影許可の有無を係員に必ず聞くこと。
* 聖ピーターズ大聖堂等: 撮影可。フラッシュの使用は、入場の際に係員に確認のこと。
* 南オーストラリア美術館内: 常設展のみ撮影可、但しフラッシュの使用は禁止
* 南オーストラリア博物館内: 撮影可、但しフラッシュの使用は禁止。

◆ 歓楽街での注意点
深夜ヒンドリー通り周辺の盛り場付近において、暴行事件や薬物に絡んだ事件が多発しているので注意する。

◆ 治安の悪い地域
暗くなった後の公園には近づかない。
特に夜は人通りの少ない通りは歩かない。
ヒンドリー通りやランドルモールと交差している小路地は通らない。

◆ 注意すべき慣習等
移民の国で多民族が生活しており、宗教も様々であるため、自分の宗教を誇示しない。
その他は常識の範囲内の言動・行動をしていれば問題なし。

◆ 一般人(旅行者を含む)に罰金が科せられるような条例等
* 空港内、公共の施設、レストラン、カフェ、パブ、ホテルのロビー、車内など、屋内は禁煙。
* ビーチや公園は飲酒禁止なので注意する。
* シートベルトは締めていなかった本人が罰金を払う。
* オーストラリアではドラッグ(違法薬物)の所持や使用、製造や栽培、または販売は違法です。違法薬物としては主に大麻(Grass、Ganja、Weed、Pot)、覚せい剤(Ice、Base、Speed、Meth)、コカイン、MDMA(Ecstasy、XTC、E)と呼ばれるものがあります。違反者には厳しい刑罰(罰金や懲役)が科せられます。知人に勧められたり、バーやナイトクラブ等で勧められても、ドラッグには絶対に手を出さないでください。

◆ 日常会話におけるタブー等
若い人からお年寄りまでとてもフレンドリーである。
一部の戦争体験者に反日感情を持つ人がいるので、会話中に戦争の話はしないほうがよい。

◆ 警察の信頼度と日本人への対応
日本と同様。日本人への対応は特に問題はない。

◆ 鉄道・バス・飛行機等の発着時刻等の正確さ
ほぼ時間通り。

◆ 日本語対応可能な窓口 (大使館・領事館、旅行会社・ツアーオペレーター以外)
アデレード日本人会、アデレード日本語補習授業校などの組織はあるが、旅行者のための組織はない。
尚、これらの組織には、むやみに連絡しないこと。


【 禁制品 】
◆ 国外持ち出し禁止・規制品
* ワシントン条約において指定された動物及び検疫を受けてない植物、コアラ等のオーストラリア固有の動物、昆虫。
* 薬品に関しては、医師の処方箋証明が必要。
* ワシントン条約に指定されているクロコダイル(ワニ)製品を購入の際には、必ずお店から証明書を受け取るようにしてください。証明書のない場合、日本の税関にて没収されてしまう場合があるので注意すること。
* オーストラリアではトカゲ、カエル等の野生動植物のほとんどについて、採取、国外持ち出しが禁止されており、これに違反し有罪となると懲役を含む厳しい罰則が科されます。当地でも爬虫類を不法に国外へ持ち出そうとした邦人が空港で逮捕される事件が発生し、禁固刑や数万ドルに及ぶ罰金刑が科されています。

◆ 現地通貨の持ち出し規制
AU$ 10,000以上に相当する現金(日本円、AU$、他の流通貨幣を含む)を持ち込む(又は持ち出す)場合は、到着(出発)時に申告が必要。


【 電子タバコ関連情報 】
1) 入国時に電子タバコ/加熱式タバコの持ち込みは可能ですか?
〔回答〕
◎ 本体について
 2020年6月にe-cigarettes(ニコチンを含む電子タバコ、加熱式タバコ)の国内での使用、持ち込み、販売が禁止されました。2021年10月1日以降は、オンライン等での輸入に関しても、国内での法律と同様の内容が適用されることになります。
 オーストラリアでは電子タバコは、禁煙の手段として利用されているため、オーストラリアの医師の診断書がなければ、基本的に禁止されています。

◎ タバコの葉の部分について
 タバコの持ち込みの制限は、どんなタバコでも開封している1箱(25本まで)と25gまで。年齢制限18歳以上。
※持ち込みには、税関への申告が必要。

2) 制限や条件を無視して、また持ち込み不可にもかかわらず、電子タバコ/加熱式タバコを持ち込んでしまった場合、罰金や没収などのペナルティはありますか?
〔回答〕
 虚偽申告の場合、持ち込みに応じた税金と罰金。

3) その他、電子タバコ/加熱式タバコに関しての注意点等
〔回答〕
 紙巻タバコ同様、レストラン、ホテルなど公共の場所での使用は禁じられている。

◆タバコ事情(紙巻タバコ、電子/加熱式タバコ共)
 オーストラリアでは全室内、住宅地、公園、ビーチ等の公共の場所は禁煙となっている。


【 入出国時の注意事項 】
◆ オーストラリア国内への動植物、食べ物の持ち込みについて
オーストラリアは動植物、食べ物の持ち込みに対して非常に厳しく、虚偽の申告をするとかなりの罰金が科せられる。
下記サイトに、持込みに関しての注意事項が日本語で記載されている。
※オーストラリア検疫検査局 (Australian Quarantine and Inspection Service)
 http://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/quarantine_jp.html
 http://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/faq_overview.html

◆ 医薬品の持ち込みについて
市販薬・処方薬ともに医薬品を持ち込む場合は、個人的使用であることが書かれた処方箋(英語表記)もしくは医師からの英文診断書が必要となります。
市販薬・処方薬ともに入国時にはご申告ください。
いずれの場合も、持ち込み可能な薬の分量は最大3ヵ月服用分までとなります。
医薬品の持ち込みに関する詳細につきましては、オーストラリア国内の化学物質安全局(Office of Chemical Safety)まで直接お問い合わせください。

※入国時の持ち込み禁止物品申告を怠った場合の罰則強化が、2021年1月1日から実施されます。防疫官は最高2,664豪ドルの違反通知書を発行することが可能になります。
詳細: https://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/quarantine_jp.html

◆ Tourist Refund Scheme - 旅行者払戻制度
2000年7月1日より、旅行者は同制度に基づいて、オーストラリア国内で購入した物品のGST(Goods and Services Tax: 消費税)やWET(Wine Equalization Tax: ワイン平衡税)の払戻しを請求することができます。
申請はオーストラリアの国際空港の入国管理局を通過したところにあるTRS事務局で手続きを行ってください。ご帰国後は手続きを行うことはできませんのでご注意ください。
詳細: https://www.abf.gov.au/entering-and-leaving-australia/tourist-refund-scheme


【 その他情報 】
◆ 電話通訳サービス TIS (Translating and Interpreting Service)
 TEL: 131-450
 受付時間: 24時間
※政府が行っている電話による翻訳・通訳サービス。
 詳しい料金表は以下のウェブサイトで確認できる。
 https://www.tisnational.gov.au/en/Agencies/Charges-and-free-services/Interpreting-service-charges

◆ 無料WiFi
アデレード空港やオーストラリア国内の主な空港では、空港が提供している無料WiFiが利用できます。
多くのホテルで無料WiFiが利用できますが、まだ有料のホテルもあるので、予約時やチェックイン時に確認してください。
ショッピングセンターやテーマパーク、マクドナルドやハングリージャックなど一部の大手レストランでも無料Wifiが利用できますが、速度は遅いようです。

◆ クレジットカード使用時の注意
* オーストラリア国内のショップやレストラン、ホテル等では、クレジットカードでの支払いの際にクレジットカード手数料がかかる場合が多くあります。

* ATMでのキャッシングについては、ご出発前にご利用のカード会社に詳細をご確認ください。
ATMは銀行だけでなく、ショッピングセンターや駅など様々な場所に設置されており、通常24時間利用できます。
夜間や人気のない場所での利用は、防犯上控えましょう。

* クレジットカードのスキミングに対する警戒
1. ATMにカードを差し込む前に、カード差し込み口周辺に取り付けられている不審なプレート等がないか確認する。
2. 暗証番号を打ち込むキーパットは、カメラで録画されている可能性があるので、PINを打ち込む際には、キーパットを隠して入力する。
3. ATM周辺に不審な装置が取り付けられているのに気付いた場合は、クライムストッパーズへ連絡する。
 http://www.crimestoppers.com.au/

◆ 日本円から現地通貨への両替について
* 利用しやすい両替所: Travex(オーストラリア国内最大手)
 詳細: https://www.travelex.com.au/stores/
◎アデレード空港店
 TEL: 08-8234-3320
 住所:アデレード空港の国内線出発ロビー内
 営業時間:2021年2月現在、休業中。

◎ランドルモール店
 TEL: 08-8231-6977
 住所:Shop 4, Beehive Corner, Rundle Mall, Adelaide
 営業時間:月〜金曜 09:00〜18:00、土曜 10:00〜15:00

◆ チップ
 オーストラリアではチップを払う習慣はありませんが、特別なサービスを受けた時などにはチップを渡します。
レストラン等では通常10%くらいのチップが一般的です。

◆ 観光バス内での飲食について
観光バス内は、原則飲食禁止となっており、日本のようにバス内にドリンクホルダーもありません。
ドライバーによっては、臭いの強くないものやこぼれる心配がないものに限り許可する人もまれにいますが、基本は禁止となっておりますので、ご注意ください。

◆ 郵便局の営業時間
月〜金曜 09:00〜17:00、土曜 09:00〜12:00
※土曜日の営業に関しては、オフィスによって異なる。オフィスによっては、日曜日も営業しているところもある。
下記サイトにて各地の郵便局とその営業時間が確認できる。
http://auspost.com.au/pol/app/locate/post-office/nt

◆ ビーチでの注意事項
* 遊泳区間が定められており、黄色と赤の旗の間でのみ泳ぐこと。
* 日差しがとても強いので日焼け止めの利用、帽子の着用をお勧めいたします。
 日焼け止め(Sunscreen)はスーパー、薬局などで購入が可能。
* 脱水状態を防ぐために、必ず飲料水を持参すること。
* 喫煙、ゴミのポイ捨ては禁じられています。
* 日没後にビーチを歩かない。

別の国・都市の情報を見る

国名・都市名から探す
  • エリアを選択すると国が選択できます

  • 国を選択すると都市が選択できます