---

【都市別安全情報(トラベルサポート)】- オセアニア/ポリネシア

ブリスベン [ Brisbane ]

オーストラリア [ Commonwealth of Australia ]オーストラリアの国旗

都市別安全情報

一般情報一般情報

●一般情報

◆ タクシー
市内で流しのタクシーは拾えないため、市内のタクシー乗り場から乗車するか、電話で呼び出すのが一般的。
メーター制で、チップは基本的に不要。

〔料金のめやす〕
* ブリスベン国際線ターミナルからシティまでは、約50AUドル。
* 初乗り料金:
 平日(月〜金曜 07:00〜19:00) --- 2.9AUドル、以降2.17AUドル/kmが加算される。
 夜間・週末・祝祭日や予約時等には、別途追加料金あり。

◎参考: ブリスベン・ゴールドコーストのタクシーの料金は下記のページでも確認できる。
https://www.taxifare.com.au/rates/australia/brisbane
※時間帯、交通状況などによって変わるので、料金はあくまで目安。

〔代表的なタクシー会社〕
* Black &White CABS --- TEL: 133-222
* YELLOW CABS / MAXI TAXI --- TEL: 131-924
* 13cabs --- TEL: 132-227

〔タクシー利用時の留意点〕
1) 可能であれば家族や友人に迎えに来てもらう等安全な交通手段確保に心掛ける。
2) 帰宅時間に注意し、女性が単独でタクシーに乗ることを避ける。 
3) タクシーを予め予約し、運転士の氏名、車のナンバーを確認する。
4) タクシー乗車中は助手席に座ることを避ける。
5) 肌を露出した服装は避ける。
6) 必要以外の会話を避け、非常識な質問を受けたら相手にしない。
7) 危険を感じたら自宅に向かうことを避け、 交通量の多い場所に向かうよう要求する。

◆ 特殊な交通規制等
日本と同じ右ハンドル左側通行だが、右側優先。
信号等は日本と変わらないがラウンドバウトというロータリーのようなものがある。
平均的に路上では短気である。横断歩道でも歩行者用の信号が赤に変わる前に右折・左折してくる車に注意が必要。
特に若いドライバーやタクシーは運転が荒いので、注意が必要。

◆ 公衆電話のかけ方
コイン式: 10、20、50セント、1AUドル。
テレフォンカードの種類: 5AUドル、10AUドル、20AUドル、50AUドル。
2019年6月1日から公衆電話の料金が変更となり、かなり安くなった。
公衆電話の設置の拡大と公衆電話のスタンドもモダン化している。
1通話=国内の固定電話への通話は、市内、市外一律50セント。
オーストラリア内の携帯電話への料金は50セントで10分の通話ができる。
SMS(テキストメッセージ)は無料で、公衆電話から受信通話もできるようになった。
日本への公衆電話からの通話は、50セントでで2分の通話が可能。
国際電話、携帯電話への電話の通話料は高いので、コインを多めに用意しておく。
※近年、携帯電話の普及に伴い公衆電話の需要が少なくなり、公衆電話が容易に見つからない場合がある。

◆ 旅行者立ち入り禁止区域
軍関連施設。

◆ 写真撮影禁止・規制場所
軍関連施設や空港等。その他、博物館、及び個人の所有地。
なお、博物館や美術館内によっては、フラッシュを使用しなければ撮影が可能な場所もある。
オーストラリア人の子供の撮影については、保護者の許可を取ること。

◆ 歓楽街での注意点
夜の裏通りの一人歩きはしない。見知らぬ人とのコンタクトは厳禁。
警察官の振りをして観光客からクレジットカード番号を聞きだすという詐欺がありました。
警察官の姿をしていても見知らぬ人にはクレジットカードの詳細を渡さない様、ご注意ください。

◆ 治安の悪い地域
深夜のFortitude Valley、West End、Woodridgeという郊外の町。

◆ 注意すべき慣習等
キリスト教徒が大半であるが、特に宗教的タブーはなし。法律は、日本とほぼ同じ。
常識の範囲内で行動していれば、問題ない。

◆ 一般人(旅行者を含む)に罰金が科せられるような条例等
空港内、及び、公共の施設での喫煙。
路上に吸殻を捨てた場合、罰金となります。

◆ 日常会話におけるタブー等
若い人から老人までとてもフレンドリーである。
一部の戦争体験者に反日感情を持つ人がいるので、会話中に戦争の話はしないほうがよい。
捕鯨についての話題は避けたほうがよい。

◆ 警察の信頼度と日本人への対応
警察は殺人事件の様なものしか一般に興味を示さない。
盗難、ひったくり、置き引き等は日常茶飯事なので、盗難届を発行するのみ。

◆ 鉄道・バス・飛行機等の発着時刻等の正確さ
一応、発着時刻表はあるが、時間通りに来るとは限らないので、我慢すること。
遅く来ることはあっても決して早く来ることはない。

◆ 日本語対応可能な窓口 (大使館・領事館、旅行会社・ツアーオペレーター以外)
ブリスベン日本商工会議所、ブリスベン日本クラブ等の組織はあるが、旅行者のための組織はない。
尚、これらの組織には、むやみに連絡しないこと。


【 禁制品 】
◆ 国外持ち出し禁止・規制品
ワシントン条約において指定された動物及び検疫を受けてない植物、コアラ等のオーストラリア固有の動物、昆虫。
薬品に関しては、医師の処方箋証明が必要。
薬品の持込に関しては、以下のサイトを参照のこと。
 https://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/quarantine_jp.html (検疫)
 https://www.abf.gov.au/entering-and-leaving-australia/can-you-bring-it-in/categories/medicines-and-substances (税関)
持ち込みできるものの確認は、こちらから。
 https://www.abf.gov.au/entering-and-leaving-australia/can-you-bring-it-in/categories

※2017年7月より、タバコの持ち込みが50gから25gと開封した1箱の制限に変わった。
この制限はあらゆるタバコの種類を対象とする。
それ以上を持ち込みたい場合は、税金を払うか、制限以上のタバコに関しては、破棄するかの選択肢が与えられる。

◆ 現地通貨の持ち出し規制
AU$ 10,000以上に相当する現金(日本円、AU$、他の流通貨幣を含む)を持ち込む(又は持ち出す)場合は、到着(出発)時に申告が必要。


【 電子タバコ関連情報 】
1) 入国時に電子タバコ/加熱式タバコの持ち込みは可能ですか?
〔回答〕
◎本体について
 ニコチン入りの電子タバコ、加熱式タバコの携帯、使用、売買は、クイーンズランド州では違法となる。
 罰金は最大$9,108ドル。(2017年6月より)
 詳細: https://www.health.qld.gov.au/public-health/topics/atod/tobacco-laws/electronic-cigarettes

◎タバコの葉の部分について
 タバコの持ち込みの制限は、どんなタバコでも開封している1箱と25gまで。
 年齢制限18歳以上。

2) 制限や条件を無視して、また持ち込み不可にもかかわらず、電子タバコ/加熱式タバコを持ち込んでしまった場合、罰金や没収などのペナルティはありますか?
〔回答〕
 持ち込みに応じた税金と罰金、状況によっては、ビザのキャンセル、起訴される場合もある。
 罰金は最大$9,108ドル。(2017年6月より)

3) その他、電子タバコ/加熱式タバコに関しての注意点等
〔回答〕
 ニコチン入りの電子タバコは携帯、所持、使用、売買は違法。
 全てのタバコは、レストラン、ホテルなど公共の場所での使用は禁じられている。

◆ タバコ事情(紙巻タバコ、電子/加熱式タバコ共)
喫煙については、とても厳しいので注意が必要です。
・公共の施設、レストランなどは禁煙です。
・ビルの入り口の5m以内での喫煙は禁じられています。
・子供の遊具の10m以内での喫煙も禁じられています。
・歩きタバコも禁じられています。
他にも規制が多いので、屋外での喫煙も建物が多いところでは避けてください。


【 その他情報 】
◆ オーストラリア国内への動植物、食べ物の持ち込みについて
 オーストラリアは動植物、食べ物の持ち込みに対してかなり厳しい。虚偽の申告をするとかなりの罰金が科せられる。
 下記サイトに、持込みに関しての注意事項が日本語で記載されている。
※オーストラリア検疫検査局 (Australian Quarantine and Inspection Service)
 http://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/quarantine_jp.html
 http://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/faq_overview.html

◆ Tourist Refund Scheme - 旅行者払戻制度
 2000年7月1日より、旅行者は同制度に基づいて、オーストラリア国内で購入した物品のGST(Goods and Services Tax: 消費税)やWET(Wine Equalization Tax: ワイン平衡税)の払戻しを請求することができる。
 払い戻しを受ける方法については、下記サイトに説明されている。
 https://www.homeaffairs.gov.au/Trav/Ente/Tour
※オーストラリア関税局発行 旅行者向けガイド
 https://immi.homeaffairs.gov.au/entering-and-leaving-australia/entering-australia

◆ 電話通訳サービス TIS (Translating and Interpreting Service)
 TEL: 131-450
〔内容〕
 政府が行っている翻訳・通訳サービスで毎日24時間対応。
 基本的に電話による通訳サービス。
 詳しい料金表は以下のウェブサイトで確認できる。
  https://www.tisnational.gov.au/Agencies/Charges-and-free-services/Cost-calculator.aspx

◆ 郵便局の営業時間
 月〜金曜 09:00〜17:00、土曜 09:00〜12:00
 オーストラリア・ポスト https://auspost.com.au/

※土曜日の営業に関しては、オフィスによって異なる。オフィスによっては、日曜日も営業しているところもある。
 下記サイトにて郊外の名前で最寄りの郵便局とその営業時間が確認できる。
 https://auspost.com.au/locate/post-office/qld/

◆ ビーチでの注意事項
* 遊泳区間が定められており、黄色と赤の旗の間でのみ泳ぐこと。
* 日差しがとても強いので日焼け止めの利用、帽子の着用をお勧めいたします。
 日焼け止め(Sunscreen)はスーパー、薬局などで購入が可能。
* 脱水状態を防ぐために、必ず飲料水を持参すること。
* 喫煙、ゴミのポイ捨ては禁じられています。
* 日没後にビーチを歩かない。

◆ クレジットカードについて
オーストラリアでは、現金よりもカードでの決済が主流で、VISA、MasterCardはほとんどの店舗で利用できる。
Covid-19拡大以降、現金よりもカードでの支払いを奨励している。
オーストラリアでは街中や銀行などにあるほとんどのATMでキャッシングができます。
どのATMもVISA、MasterCard、AMEXなどの主要なクレジットカードに対応。
ATMの外面または画面上に使えるカードのロゴが表示されています。

〔クレジットカードのスキミングに対する警戒〕
1. ATMにカードを差し込む前に、カード差し込み口周辺に取り付けられている不審なプレート等がないか確認する。
2. 暗証番号を打ち込むキーパットは、カメラで録画されている可能性があるので、PINを打ち込む際には、キーパットを隠して入力する。
3. ATM周辺に不審な装置が取り付けられているのに気がついた場合は、クライムストッパーズへ連絡する。
 http://www.crimestoppers.com.au/

別の国・都市の情報を見る

国名・都市名から探す
  • エリアを選択すると国が選択できます

  • 国を選択すると都市が選択できます