---

【都市別安全情報(トラベルサポート)】- 南アジア

スリランカ [ Democratic Socialist Republic of Sri Lanka ]

スリランカの国旗

国別基本情報

●地域

南アジア

●正式国名

スリランカ民主社会主義共和国
Democratic Socialist Republic of Sri Lanka

●言語

公用語(シンハラ語、タミル語)、連結語(英語)

●通貨

ルピー

●日本との時差

−3時間30分

●ビザ情報

30日以内の短期滞在(観光、親族訪問、商用、トランジット等)については、電子渡航認証=ETA(Electronic Travel Authorization)の取得が義務付けられている。
ETAは事前のオンライン申請の他、空港到着時に取得することもできるが、無用なトラブルを避けるためにも事前のオンライン申請が推奨される。(航空会社によっては事前にETAを取得していない場合、搭乗を拒否されることもある。)

ETAの対象となるのは、以下の渡航目的の一般パスポート保持者。
(1) 観光:30日以内の観光、休暇、知人・親族訪問、医療(ヨガ、アユールベーダ含む)、スポーツイベント・競技・文化的活動への参加
(2) 商用:30日以内の商用、会議、研修等の目的
(3) 通過:48時間以内の通過目的(スリランカを通過して第三国へ向かうための立ち寄り)

パスポートの有効残存期間は入国時6ヵ月以上必要。
出国用の航空券と十分な滞在費用を所持していることが条件。

■ETA申請ウェブサイト
http://www.eta.gov.lk/
必要事項を入力して申請料金をクレジットカードで支払う。
承認されるとETA承認がEメールで届く。(Eメールが届かない場合でも、ステイタスチェック画面でAPPROVEDになっていれば承認済みのため渡航可。)
ETA承認通知(または確認画面)を印刷して持参し、入国審査時にパスポートと共に提出する。

※上記情報は、予告無しに変更される場合がございます。詳細につきましては、出発前に大使館等の最寄の機関にてご確認下さい。

■スリランカ民主社会主義共和国大使館
住所: 〒108-0074 東京都港区高輪2丁目1-54
TEL: 03-3440-6911〜2
URL: http://www.slembassyjapan.org/

●祝祭日

◎印のみ日付が固定されている祝日、他は毎年日付が変わる移動祝祭日です。
■2020年の祝祭日
1月10日 ドゥルトゥ月のポヤ・デー(満月祭)
1月15日 タミル・タイ・ポンガル・デー(タミール豊穣祭)
2月04日 ◎独立記念日
2月08日 ナワン月のポヤ・デー(満月祭)
2月21日 マハー・シワラトゥリ・デー(ヒンズー教神聖日)
3月09日 メディン月のポヤ・デー(満月祭)
4月07日 バク月のポヤ・デー(満月祭)
4月10日 グッド・フライデー(聖金曜日)
4月12日 シンハラ人とタミール人の大晦日
4月13日 シンハラ人とタミール人の新年
5月01日 ◎メーデー
5月07日 ヴェサック月のポヤ・デー(満月祭)
5月08日 ヴェサック月のポヤ・デー(満月)翌日祭
5月25日 断食明け大祭(イスラム教)
6月05日 ポソン月のポヤ・デー(満月祭)
7月04日 エサラ月のポヤ・デー(満月祭)
8月01日 イスラム教ハジ祭(犠牲祭)
8月03日 ニキニ月のポヤ・デー(満月祭)
9月01日 ビナラ月のポヤ・デー(満月祭)
10月01日 アディ・ワプ月のポヤ・デー(満月祭)
10月30日 ワプ月のポヤ・デー(満月祭)
10月30日 マホメット生誕祭(イスラム教徒の祭日)
11月14日 ディワリ(ヒンズー教新年祭)
11月29日 イル月のポヤ・デー(満月祭)
12月25日 ◎クリスマス
12月29日 ウンドゥワプ月のポヤ・デー(満月祭)

●国際電話国番号

94

予防注射情報

●必要な予防注射
黄熱に感染する危険のある国(空港での12時間以上の乗り継ぎも含む)から入国する場合は、黄熱予防接種証明書(イエローカード)が必要です。

別の国・都市の情報を見る

国名・都市名から探す
  • エリアを選択すると国が選択できます

  • 国を選択すると都市が選択できます


スリランカ

都市別の情報を表示する

下のプルダウンから都市を選択してください

都市を選択

電圧・プラグの形

●電圧

230〜240ボルト、50ヘルツ

●プラグの形

タイプ BタイプBタイプ B-3タイプB-3タイプ BFタイプBF