---

【会長挨拶】一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 会長挨拶

「第28回 通常総会」 会長挨拶

会長  大畑 貴彦

日本海外ツアーオペレーター協会
会長   大畑 貴彦

本日は大変お忙しいところ通常総会にご出席いただき、また、観光庁からは井上・旅行業務適正化指導室長のご臨席を賜り、誠にありがとうございます。
改めまして、日頃の協会活動に対するご理解、ご協力に感謝申し上げます。総会に先立ちまして一言ご挨拶申し上げます。

新たに天皇陛下に徳仁(なるひと)さまが即位され、新しい元号「令和」になりました。
皆さんもご承知の通り、「令和」の意味は、
人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。
梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように。
とあります。
是非、旅行業界で働く皆様にとっても、明日への希望を咲かせるよう微力ながら私も努力したいと思います。

さて、平成30年の日本人海外渡航者数は3年連続前年を上回る、過去最高の約1895万人を記録し、2020年に目標とする2000万人の達成も現実的になってきました。また訪日外国人旅行者数は6年連続前年を上回る約3119万人となり、イン・アウト共に順調な年であったと思います。
そのような中、本会は会員とともに「JATAアウトバウンド促進協議会」を始め、観光業界内の様々な企画に協力し、海外旅行の復活と一層の推進に努めました。
また、観光庁の「旅行安全情報共有プラットフォームの機能強化」計画について、本会の安全対策事業である「都市別安全情報」やその他の情報、ノウハウを提供するなど全面的に協力致し、今後も継続して進めていきます。

一方、長年の懸案事項である「手配代金支払いの早期化」については、未だ改善の兆しは見られず、我々サプライヤーにとっては極めて遺憾な状況であったと思います。永年訴えております日本の旅行業界のグローバルスタンダード化は、アウトバウンド事業にとってはインバウンド事業が非常に参考になると思います。また、訪日旅行マーケットのインフラ整備を進めるべく、昨年1月4日から導入された「旅行サービス手配業(ランドオペレーター)」の登録制度について本会は、「旅行サービス手配業務取扱管理者」の研修機関として当該研修を実施し、第一歩を踏み出しました。 具体的には、2019年度から「旅行サービス手配業者(訪日専業)」を賛助会員として受け入れ、改めて「安心・安全の旅」と「良質なサービスの提供」に努めることと致しました。

我々を取り巻く環境はめまぐるしく変わっております。しかしながら、その環境を自ら変えていくことが、我々旅行業界にとって、最も大事なことだと感じております。
今年度も役員一同、皆さんと共に何事にも全力で取り組んでまいりますので、改めてよろしくお願い致します。

事業の詳細は総会議事に委ねるとして、簡単ではありますが私のご挨拶といたします。

2019年6月4日
一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会
会長  大畑 貴彦


  • ツアーオペレーターとは

【海外旅行「安全」基礎知識】海外旅行「安全」基礎知識の詳細・お申し込みはこちら

60分で読める海外旅行「安全」基礎知識
現在旅行業務に携わっている方、旅行業界を目指そうとする方必須の「海外旅行における安全対策の入門書

【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯でQRコードを読み取るか、URLを携帯へ送信してアクセスしてください!