---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

ケニア / 在留邦人への強盗事件発生について (在ケニア日本国大使館 発出情報)

掲載日時:2014年12月26日

情報提供:ゲート オブ アフリカ 合同会社

在ケニア日本国大使館より在留邦人に向け、2014年12月17に発生した在留法人への強盗事件に関する概要とその予防策について注意喚起が発出されておりますのでお知らせいたします。
ケニアへのご旅行をご予定の方は、くれぐれもご注意ください。



在留邦人への強盗事件発生について


ナクル市内のガソリンスタンドにおいて、在留邦人が借り上げ車両(ドライバー付)を給油中のところ機関銃を所持した賊に襲われ金品等を奪われる事件が発生しました。
ナイロビ・モンバサに限らずケニア国内では、テロのみならず凶悪犯罪も多数発生しており年末に向けて益々その発生件数が増加する傾向にあります。また、ケニア国内では、80万丁以上とも言われる違法な銃器が氾濫しており、犯行では95%以上銃器が使用されています。

つきましては、年末年始をケニアでお過ごしになられる方におかれましては、ナイロビ・モンバサ以外で過ごされる場合も、何時、被害に遭ってもおかしくない状況で生活をしているとの認識を下に、「知識」と「意識」を持って安全対策を講じて頂ければと思います。以下、事件概要とそれに対する予防策となりますのでご参考にして頂ければ幸甚です。

1. 事件概要
17日午後5時30分頃、ナクル郡ナクル市郊外のB4道路とプリズン道路との交差点付近にあるナショナル・オイル・ペトロール・ステーションにおいて、給油のため立ち寄った在留邦人が、給油の際に車外に出たところ、2人組の男性(内1人は機関銃で武装)に襲われ、金品を奪いボタボタに乗り逃走した。賊は、在留邦人から金品を奪う際に3発の銃弾を威嚇発砲した。

2. 予防策
(1) 一時雇用のドライバーに、自身の行動及び所持品が何であるか悟られないようにする。
(2) 結果的に襲われることとなったとしても、車外には出ず、ロックをして車内で給油が終わるのを待つ。
(3) ケニアにおいては、警戒を怠らない。敏感になる。変化を感じ取る。
(4) 「まさか、自分が被害に遭うなど…」という思い込みは捨てる。
(5) 被害に遭った際は、絶対に抵抗しない(交渉、挙動)。物より命。


平成26年12月22日
在ケニア日本国大使館 領事・警備班

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯でQRコードを読み取るか、URLを携帯へ送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」