---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

タイ / 「新型コロナウイルス」に関する最新情報

掲載日時:2021年01月14日

情報提供:ジェイ・ティ・エイ・ジャパン株式会社

「新型コロナウイルス」の影響について、現在のタイの最新情報を以下にお知らせいたします。

■ 行政・その他機関からの発表
昨年末に発生した大規模クラスターを受け、感染の危険が高いと判断される28県において、以下の措置が発表されました。(第一段階)
 ・施設営業時間の規制
 ・感染リスクの高い施設の閉鎖
 ・教育施設のオンライン化
 ・集団での会合等の禁止
 ・県境の移動を規制
 ・企業等に対する在宅勤務の要請
 ・百貨店の営業を21:00までに短縮
 ・競技場等の閉鎖
 ・イベントの禁止(会議、セミナー、パーティーなど)
 ・飲食店でのアルコール類の提供を禁止。

◎ プーケットの状況
タイ国内の危険地域に指定された地域から、プーケットに入島した場合、下記指示に従う必要があります。
1) 旅行の必要性を証明する書類の準備 (最も危険な地域のみ)
2) スマートフォンにMorChanaアプリのダウンロードの上、必要に応じて提示
3) プーケット県指定のサイト・GoPhuGet( https://www.gophuget.com/ )よりオンラインで登録
4) プーケット内病院でのスワブテスト (72時間以内に検査実施した人は、検査結果を提出可)
5) 自宅またはホテルでの14日間の隔離検疫
6) 監視、予防、管理措置の指示に厳密に従うこと

■ 市内の状況
◎ バンコク
先週より始まった飲食店の営業制限、バー、接待を伴う店舗等の営業禁止措置、並びに企業への在宅勤務要請を受け、市内の交通量に関しては減少の状況が見られております。
また、各観光地等に関しても休業の措置を取る箇所も出てきており、週末であっても市内は比較的静かな状況です。市内では買占め等の混乱は見られず、外出自粛が粛々と行われている印象です。

◎ プーケット
プーケット島民の生活水準は、ほぼコロナウィルス感染拡大前に比べてほぼ復旧しております。しかし、年末からの新型コロナウィルス感染再拡大の影響を受け、プーケットへの入境は可能なものの、タイ国内の感染高危険指定地域(レッドゾーン)からプーケットへ訪問する旅行者の入島を厳しく制限する等、再度観光業界への影響が高まっており、島内のホテルは再度クローズの傾向にあります。
島民にとって、この観光業界への損害は大変な衝撃となっております。

以上、ご注意ください。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯電話(フィーチャーフォン)でQRコードを読み取るか、URLを送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」