---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

香港 / 「新型コロナウイルス」に関する最新情報

掲載日時:2021年02月04日

情報提供:ジェイ・ティ・エイ・ジャパン株式会社

「新型コロナウイルス」の影響について、現在の香港の最新情報を以下にお知らせいたします。

■ 感染者状況
2021年2月01日時点の総感染者数は10,453名

■ 営業規制 (いずれも2021年2月17日まで有効)
◎ レストラン
05:00〜10:00の時間帯のみ、店内での飲食を許可。
1卓の人数制限は2名。収容人数は座席数の50%まで。

◎ 特定商業施設
ゲームセンター、浴場、ジム、ボーリングやビリヤード等のアミューズメント施設、映画館等のエンターテイメント施設、パーティルーム、エステ、ネイルサロン、クラブハウス、ナイトクラブ、カラオケ、麻雀、スポーツ施設、プールは、営業停止または閉鎖

■ 集団制限、及びマスク着用規制 (いずれも2021年2月17日まで有効)
* 公共の場所での集団制限は2名まで (違反時は罰金HK$5,000)
* 公共の場、公共交通機関利用時のマスク着用の義務付け (違反時は罰金HK$5,000)
* 公共の場でのマスク着用義務付け

■ 隔離期間における滞在先の変更 (11月13日より開始)
* 航空機の搭乗日、または搭乗14日前の期間に、ハイリスク地区を除く中国本土・マカオ・台湾以外の
 海外(日本を含む)に滞在歴がある者は、香港のホテルの予約確認書(中国語、または英語)を
 提出しなければならない。
* ホテルの滞在日数は、香港への到着日を含めて14日間以上とする。
* 旅客が必要な情報の提出を拒んだり、あるいは虚偽の情報を提出した場合、最大で禁錮6ヵ月、
 及び罰金1万ドルの刑罰を課す。
* 12月22日より中国本土、マカオ、台湾以外の地域からの入境者は、事前に政府が指定する
 ホテル(計36施設)を14日間以上予約した上で、入境後に強制検疫を受ける。
 入境者は、政府が手配する交通手段で指定ホテルまで移動。
 強制検疫期間中は外出不可。来客も禁止。

* 12月02日以後に香港に到着し隔離を受ける6歳以上の人は、香港到着後19日目、
 または20日目に検査を受けなければならない。
* 過去14日間に英国に滞在した人の入境を禁止。(香港在住者含む)
* 中国本土、マカオ、台湾を除いたすべての入境者は、指定ホテルでの強制隔離を14日間から
 21日間に延長する。

■ ホテル利用に関する規制
・1室利用は4名まで (家族での利用は除く)
・利用時の顧客個人情報の登録
・強制検疫の対象者とその他の顧客の利用階は分別する。
・強制検疫対象者が部屋を離れないような措置をとる。
・強制検疫対象者への訪問禁止。差し入れ等は部屋の前までとする。

■ 強制検査実施についての新法律制定
* 11月15日より、政府が特定グループの者に対して、また指定医師が有症状者に対して、
 ウイルス検査を受けるよう求めることができる法律を施行。
 強制検査の告知・指示、命令に従わない者には2,000香港ドル以上の罰金や禁固。
* 香港の感染拡大により、シンガポールとのトラベルエアバブルは2021年まで延期
* 12月02日から、香港内の全ての学校の対面授業の禁止を発表。期間は2月15日まで。
* クラスター発生のマンションが密集する佐敦の一部地域にロックダウンを決定。
 約7,000人の住民を対象に、強制的にPCR検査を実施。

■ ワクチン接種・計画状況
本年2月より、優先度の高い年齢・職種より順次無料接種を開始予定。
香港の18地区にワクチン接種センターが開設され、1センターにつき毎日2,500人が接種できるようになる見込み。
ワクチン接種のための予約システムは、1月中には完成予定。

なお、利用予定のワクチンは下記の3種類が予定され、個人で選択が可能となる見込み。
・ ファイザー(米国)&ビオンテック(ドイツ) --- 750万回分
・ アストラゼネカ(英国) --- 750万回分
・ シノバック・バイオテック(中国) --- 750万回分

■ 街中の様子
感染源不明の新規陽性者数の増加への処置として、飲食店やバー、ナイトクラブでのライブパフォーマンスやダンスを禁止、パーティールームは閉鎖を発表しております。また、追加処置としてゲームセンター、遊技場、劇場等娯楽施設、カラオケ、麻雀店、プールを閉鎖を発表しております。
引き続き、レストランや一部商業施設は、条件付きの営業許可となっております。
その他、集団制限は2名までと強化されております。

なお香港政府は、強制検疫必須の入境措置を本年3月31日まで延長しております。
事実上、強制検疫なしの外国人の入境は3月31日まで行われない見通しです。

以上、ご注意ください。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯電話(フィーチャーフォン)でQRコードを読み取るか、URLを送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」