---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

中国、日本 / 中国ビザ(査証)申請時に指紋採取と写真撮影を開始

掲載日時:2021年02月04日

情報提供:シーアイティーエス・ジャパン株式会社

中国ビザセンター東京より、中国ビザ(査証)申請時に指紋採取と写真撮影を2021年2月08日(月)より開始する旨の案内がありました。詳しいルールは、現在検討中とのことです。
近々、ビザセンターホームページのお知らせにも案内が掲載される予定です。

先ほど、中国大使館のホームページに中国語版の案内が掲載されました。現時点では、東京と名古屋の情報しかありませんが、大阪や福岡などでも指紋採取が始まりますので、札幌、新潟、長崎も指紋採取が始まると思われます。
→ 詳細: 中国大使館
 http://www.china-embassy.or.jp/chn/lsfws/lsb/t1850435.htm

現在、本件に関し下記のような情報が入っておりますので、お知らせいたします。
(情報は、変わる可能性もありますので、予めご了承ください。)

1) ビザ申請予約日に、申請者本人がビザセンターにお越しください。
 ビザセンター登録旅行会社と一緒に申請者本人が窓口に来る形になります。
 (ビザセンターに登録していない旅行会社による代理申請は引き続き不可。)

2) 本人確認後に指紋を採取いたします。同時に申請者本人の写真撮影も行われます。
 指紋採取・写真撮影後は、5年間有効です。
 また、指紋採取・写真撮影の有効期限内であれば、ビザ取得時は、再度本人が来る必要はありません。
 なお、指紋採取・写真撮影の有効期限(5年)内であってもパスポートを更新された場合は、
 パスポート更新後に行うビザ申請時に指紋採取が必要となります。(取得後は5年間有効)

3) 14歳未満、70歳以上の方は、指紋の採取が免除となります。

その他のルールは、現在調整中につき、確定いたしましたら改めてご案内いたします。

---
大阪に関しては、2021年2月09日(火)より、中国査証申請時に指紋採取と顔写真撮影が開始されます。指紋採取と顔写真撮影は申請時に本人出頭が必要となります。
→ 詳細: 大阪中国領事館
 http://osaka.china-consulate.org/chn/xwdt/t1850505.htm (中国語)

以上、ご注意ください。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯電話(フィーチャーフォン)でQRコードを読み取るか、URLを送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」