---

海外旅行情報はOTOA[ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]


【海外旅行現地情報】ツアーオペレーターが配信する海外の新着情報を掲載。

カンボジア / 「新型コロナウイルス」に関する最新情報

掲載日時:2021年12月08日

情報提供:ジェイ・ティ・エイ・ジャパン株式会社

「新型コロナウイルス」の影響について、現在のカンボジアの最新情報を以下にお知らせいたします。

■ 感染者状況
2021年12月03日時点の陽性者総数は120,207名
* 死亡者 ------ 2,953名
* 治癒例 ---116,569名
* 治療中 --------- 685名

■ 行政・その他機関からの発表
カンボジア政府は、オミクロン株対策で設定されていた、アフリカ10ヵ国からの入国禁止を撤廃。
1週間の隔離を条件として入国を認める。隔離ホテルの独自手配もしくは1,000USドルのデポジットが条件となる。

■ 日本からの入国制限
観光ビザ(査証)を含むeビザの発給を再開。
ビジネスビザの発給について、必要書類に変更はないが、隔離期間を短縮。

■ 日本以外からの入国制限
◎ ワクチン接種証明書のある人
有効なビザ(査証)とカンボジアへ出発72時間前以内に発行されたPCR検査(鼻咽頭スワブ)による英語の陰性証明書を提示。入国時ラピッド検査が陰性であれば隔離なし。

◎ ワクチン接種証明書のない人
ビザ(査証)と陰性証明書に加え、US$2,000のデポジットが必要。
海外旅行保険、Forte社のCovid−19用の保険加入は、必須から「推奨」に変更となった。
入国時検疫あり。隔離期間14日間。

■ ワクチン接種・計画状況 (2021年12月04日現在)
* 接種済み人数
 1回目 14,168,343人 / 2回目 13,456,218人 / 3回目 2,395,352人。

* 全人口 1,600万人のうち、
 1回のみ 88.55%、2回 84.10%、3回 14.97%がワクチン摂取済み。

■ 街中の様子
カンボジア全土に対する夜間外出、集会、店内飲食等を禁止する規制については、緩和傾向。

◎ プノンペン
地元のスーパーマーケットやレストランなどは、通常通り営業している。
大型スーパーマーケット、ホテルなどの施設では、入店前の体温チェック、消毒、ワクチンカードの提示が義務付けられている。

◎ シェムリアップ
集会の禁止措置、小売店の酒類販売禁止等の撤廃。
営業許可を取得した飲食店での酒類販売が可能となった。

◎ シアヌークビル
ロックダウンは解除。独自の規制は継続中。

◎ その他の州
ロックダウンは解除。独自の規制は継続中。

以上、ご注意ください。

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転写・複製を禁じます。すべての著作権は、OTOAまたは情報提供者に帰属します。
弊会では、当サイトの掲載情報に関するお問合せ・ご質問、又、個人的なご質問やご相談は一切受け付け ておりません。あらかじめご了承下さい。


【メールニュース】メールニュースの詳細・ご登録はこちら

旅行業界で働いている皆様へ
OTOAでは、旅行業界で働いている皆様に「メールニュース」の配信を行っております。(無料)

【OTOA mini】OTOA miniの詳細はこちら

海外旅行の頼れる味方を片手に スマートフォン専用サイト
国内最大級の海外安全情報サイトをスマートフォンからご利用できます
OTOA mini QRコードスマートフォンでQRコードを読み取って「OTOA mini」へアクセス!

【OTOAモバイル】OTOAモバイルの詳細はこちら

携帯からもOTOAにアクセス!
OTOAサイトの豊富な情報がいつでもどこでも見られます。
OTOAモバイル QRコード携帯電話(フィーチャーフォン)でQRコードを読み取るか、URLを送信してアクセスしてください!

海外への渡航の際は、こちらもあわせてご確認を。

外務省提供
観光庁提供
厚生労働省 検疫所情報
国土交通省航空局 提供
  • 機内持込・お預け手荷物における危険物について」